Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「100,000年後の安全」は、いい加減な日本なら絶対に考えもつかない答えの無いイシューだ

<<   作成日時 : 2011/06/13 20:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

この道では先駆者であるフィンランドの使用済み核燃料貯蔵施設の建設と、安全になる100,000年後までに、この施設の存在をどう伝えてゆくか、あるいは、存在が忘れられた方がよいのか・・・などを関係者が議論してゆく。 なかには、60,000年後に予想される氷河期があった場合、伝え続けることができないなどの議論もある。

危険な施設の意味がわかるだろうか。 ピラミッドの真の目的を現代人がわからないように、後世の人も貯蔵施設の意味が解らないだろう。 施設の危険性を、どのように伝えたらよいか。 

もう、そんな、10万年後のことなんか、どうでもいいじゃないかと、いい加減な私などは、考え始める。 しかし、彼らは、まじめだ。 商売っ気のある監督だったら、もうすこし、ドラマチックに話を広げ、ふくらましたら良かったのにと思う



映画『100,000年後の安全』
画像
場面写真


映画『100,000年後の安全』




映画『100,000年後の安全』




映画『100,000年後の安全』




映画『100,000年後の安全』




映画『100,000年後の安全』




映画『100,000年後の安全』




映画『100,000年後の安全』画像
ちらしビジュアル
画像
場面写真

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「100,000年後の安全」は、いい加減な日本なら絶対に考えもつかない答えの無いイシューだ Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる