Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ことの終り」

<<   作成日時 : 2011/11/28 09:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

グレアム・グリーンの原作"The end of affairs"の映画化。 原作は読んでいないので映画だけでストーリーを語ると、なかなか入り組んだ、よくできた物語だ。 

モーリス(レイフ・ファインズ)とサラ(ジュリアン・ムーア) は不倫の愛人関係が続いていた。 サラの夫ヘンリー(スティーヴン・レイ)は、モーリスの友人だった。 ロンドンが空襲に晒されているなか、二人は情事を重ねる。 そして、ある日二人が逢瀬を重ねた宿が爆撃を受け、モーリスが倒れる。 

そして、その時に、二人の愛人関係は終わったのだ。 サラは、二度とモーリスに会おうとしなかった。 戦争が終わり、暫くしてヘンリーと再開したモーリスは、サラが病気であることを知った。 そして、私立探偵から受け取ったサラの日記を読んで、衝撃の事実を知ることとなる。 

ジュリアン・ムーアは、いろいろ体当たりの演技が多く、汚れ役も多いので、こういう、不倫とは言え、結構ピュアな恋愛物は向いていないような気がする。 レイフ・ファインズはピッタリのはまり役だ。 結局、男はバカで、女の本心もよく見えないし、わからない・・・といった男にぴったりだ。 

 

映画「ことの終り」(ニール・ジョーダン監督 アメリカ 1999)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ことの終り」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる