Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「オペラ座の怪人」

<<   作成日時 : 2011/11/28 09:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「オペラ座の怪人」は、ロングランの人気ミュージカルと聞く。 しかし、どこがいいのだろうか。 これといって心に残る歌もないし、ストーリーにいたっては、面白味も感じられない。 

クリスティーヌ(エミー・ロッサム)は父の死後、音楽家の父がつかわした音楽の天使と信じるファントム(ジェラルド・バトラー)から歌のレッスンを受けていた。 そして、へそを曲げて降りてしまった歌手の代役として、ある日、クリスティーヌは、新作オペラにデビュー、その歌声の美しさに絶賛される。 

新たにオペラ座のスポンサーとなったラウル子爵(パトリック・ウィルソン)は、クリスティーヌの幼馴染だった。 再会を果たした二人は恋に落ちてゆく。 しかし、ファントムは、クリスティーヌをオペラ座地下の自分の城に誘ってゆく。


ファントムがよく描かれても居ないし、クリスティーヌもなんだかはっきりしない。 まあ、ミュージカルなんてものは、そんなもので、普通の映画と比べるのが酷と言うものだ。 





映画「オペラ座の怪人」(ジョエル・シューマーカー監督 アメリカ 2004)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「オペラ座の怪人」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる