Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「50/50」は、コメディなんだろう、たぶん。

<<   作成日時 : 2012/04/24 18:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

なにかむずかしい名前の癌になり、5年後の生存率50%とネット情報を読んだ青年が失恋し、最後に賭けた手術に成功し、新たな恋を得そうになる。 ラブ・コメである。 

アダム・ラーナー役のジョセフ・ゴードン=レヴィットは、どうも「(500)日のサマー」の印象が強く、ダメ男なのか真面目男なのか判定しにくい。 セス・ローゲンの演じるカイルは、まるで地のような感じだ。 そして、キャサリンのアナ・ケンドリックは、ここでも新米。 もっとも、リストラコンサルタントのビジネスウーマンではなく、カウンセラーだが。 

ということで、正直、中途半端でつまらなかった。    



映画「50/50」(ジョナサン・レヴィン監督 アメリカ 2011 )☆☆☆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「50/50」は、コメディなんだろう、たぶん。 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる