Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「トゥルー・グリット」

<<   作成日時 : 2012/05/17 19:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

40年前のジョン・ウェインの「勇気ある追跡」と比較したくなる。 キム・ダービーのマティ・ロスよりも、ヘイリー・スタインフェルドのマティ・ロスの方がいい。 ジェフ・ブリッジスも、マット・デイモンも、こちらの方がいい。 ただ、話は、「勇気ある追跡」の方が好きだ。 特に最後は、「トゥルー・グリット」の方はどこか優しさに欠けている。

ジョン・ウエインとジェフ・ブリッジスのルースター・コグバーンは、甲乙つけがたい。 ダメさ加減は、ジェフ・ブリッジスの方が上だ。 ジョン・ウエインは、やはり、ダメを徹底できない、いい人になってしまう。 ラストも、その差は生きていて、とてもいい人になっている。


コーエン兄弟の作品は、やはり、ちょっとシニカルだ。 リアリズムというのとはちょっと違う。 しょせん映画のそんな場面でリアルさを追求することもあるまいと、思ってしまう。 






映画゛トゥルー・グリット」(ジョエル・コーエン,イーサン・コーエン監督"TRUE GRIT" アメリカ 2010 )☆☆☆☆



トゥルー・グリット (ハヤカワ文庫 NV ホ 16-1)
早川書房
チャールズ・ポーティス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トゥルー・グリット (ハヤカワ文庫 NV ホ 16-1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「トゥルー・グリット」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる