Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「LOOPER」は、ターミネーターに似たタイムトラベルの映画だが、より複雑な映画だ

<<   作成日時 : 2013/01/19 07:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

評判がいいということで、時間が空いた時急遽見に行った。 楽しい映画ではないが、たいへん良くできている映画だ。 アクションだけでもなく、タイムトラベルだけでもなく、犯罪映画だけでもなく、愛のドラマだけでもなく、超能力映画だけでもなく・・・・悪く言えば、それぞれつまみ食いしているが、良く言えば、映画的要素を、たいへん良いバランスでちりばめた、良くできた映画だ。

2044年のカンザスは、無法な街であるとともに、住民の10%はテレキネシスの超能力を持っている。 

LOOPERとは、30年後の世界からタイムマシンで送られてきた人間を、空間に出現したと同時に一瞬で射殺し、処理する殺し屋。 30年後は殺人者が必ず突きとめられてしまうため、組織が編み出した方法だった。 組織から現代に送られたエイブ(ジェフ・ダニエルズ )が 、LOOPERやその辺のごろつきを仕切っている。

エイブが窃盗集団にいた少年ジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット )にルーパー銃を与え、それによってルーパーとしての人生を与えた。  ジョーは、有能なルーパーとして、銀隗を貯金している。 フランス語を習って、フランスに行くのが夢だ。 何故なら、LOOPERは、30年後の世界には相容れず、いつか、自分の銃の前には30年後の自分が出現する宿命だからだ。 それを"LOOPが閉じる"として、仲間同士で乾杯するのだった。

そして、ジョーの目の前に、30年後のオールド・ジョー(ブルース・ウィリス )現れる。 実は、ここのところが、理解不能だ。 オールド・ジョーを殺さなければ、親友のセスが未来の自分を殺せず逃してしまったことで、エイブによって殺されたように、ヤング・ジョーも将来は無い。 しかし、そこで殺せなかったから、このストーリーは続くのだ。 

タイムマシンの映画は、だいたい、このパラドックスでよく理解できなくなる。 しかし、細かいことはきにせず、 ここは、いったんオールド・ジョーを殺し、30年後まで、ジョーは、貯めた金で、フランスに行き、そして、上海に行き、 愛する女(シュイ・チン)と出会って、初めて自分の人生を良いものに変えることができた。 

そして、30年後、無法な多くの組織を、わずか半年で、それもひとりで完全に支配したレインメーカーは、LOOPをどんどん閉じていた。 ある日、ジョーの家にもレインメーカーの子分たちがやってきて、妻を殺し、ジョーをタイムマシンに送ろうとする。 妻を殺されたジョーは、レインメーカーに復讐するため、レインメーカーの出生の情報を手に、自らタイムマシンに乗り込んで、30年前に戻る。

そして、ヤング・ジョーの目の前に現れたオールド・ジョーは、頬かむりもせず出現、たじろいだヤング・ジョーを殴って逃走する ・・・・・・







映画「LOOPER」(ライアン・ジョンソン監督 2012 )☆☆☆☆



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「LOOPER」は、ターミネーターに似たタイムトラベルの映画だが、より複雑な映画だ Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる