Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 朴慶南「やさしさという強さ」、人の広がりが理解をうむ

<<   作成日時 : 2013/08/24 09:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朴慶南氏の本は殆ど読んでいる。 たいへん「役に立つ」。 沢山の人を知りえるからだ。 キョンナムさんの本で知った人には、山元加津子さん、浅川巧氏、関東大震災時の勇敢な鶴見警察署長大川常吉氏、座間の早川金次氏、早実の松本新八郎先生、西牧たかね先生、沙也可、金正美 ・・・


今回は、斎藤とも子さんの父親がソ連参戦後、朝鮮半島から帰還した時、多くの朝鮮人に助けられたエピソード 、関野吉晴氏のグレートジャーニー、そして、永六輔氏の、3/10の大空襲の前に疎開先から万歳万歳と声援を送って仲間を送りだした哀しいエピソード印象的だ。 

そのほか、「まだ、まにあうのなら・・」の甘蔗朱恵子氏、「原発事故さえなければ通信」の吉岡棟憲氏、・早坂文明氏、森まゆみ「自主独立農民という仕事」に描かれた佐藤忠吉氏、中嶌哲演住職、李政美氏、いつものペン・セタリン氏、ゆめ風基金の牧口一二氏、被曝ピアノを演奏する崔善愛氏、被爆者の小田松枝氏、酪農家の長谷川健一氏、絵本「探しています」の作家アーサー・ビナード氏、「いのちの恩返し」「いのちの授業」の山田泉氏と、その友人、チェリストのエリックマリア・・チェリス氏・・・・・

福島、広島の話題が多い。



朴慶南「やさしさという強さ」( 毎日新聞社2013.5.15)☆☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朴慶南「やさしさという強さ」、人の広がりが理解をうむ Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる