Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「エンド・オブ・ザ・ワールド」、新鮮なシチュエーションのラブコメだが出来は並み

<<   作成日時 : 2013/08/03 08:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小惑星の衝突、3週間前の世界の終りに直面した人々だが、SF的な画面は一切ない。 世界の終りと言うほどの切実さはないが、ラブコメのシチュエーションとしては、新鮮だ。

車のラジオニュースで(TVだったかも)で、シャトルによる小惑星破壊の試みが失敗して万事休すだと報道された途端、隣に座っていたドッジ(スティーヴ・カレル )の妻は、車を降りて、不倫相手のもとに去ってしまった。 

ひとりになったアパートで静かに最期を迎えようとしていたドッジ部屋のベランダに隣人のペニー(キーラ・ナイトレイ )が泣いて現れた。 最後のイギリス向けのフライトに遅刻して、両親のもとに帰れないと泣いていたのだ。 ペニーは、近づきになったドッジに、預かっていた郵便物をどっさり返しに来た。 そこには、なんと三ヶ月も前、ドッジの初恋の人、オリヴィアから、会いたいという手紙が含まれていた。 

アパートにも群衆の暴動が近づいてきて、ドッジとペニーは車で脱出するが、すぐガス欠になって、ヒッチハイクになってしまう。 責任を感じていたペニーは、ドッジとともにオリヴィアの住む町に向かう。 

ドッジを捨てて、仲違いしていた父親役に、太ったマーティン・シーンが出てきた。 それが金持ちで自家用機を持っているなんて、ずいぶんと便利のいいストーリーだが、あんな飛行機でイギリスまで行けるんだ。 





映画

「エンド・オブ・ザ・ワールド」(ローリーン・スカファリア監督 #SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORLD"  2012 ) ☆☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「エンド・オブ・ザ・ワールド」、新鮮なシチュエーションのラブコメだが出来は並み Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる