Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 小倉千加子「醤油と薔薇の日々」 ふ〜む!とは思うが、男としてはそんなに面白くはない

<<   作成日時 : 2013/09/30 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1993年から2008年までの、「ちくま」などの雑誌・新聞に掲載されたコラム、エッセイをまとめている。 「70年代のウーマン・リブは「私は醤油に縛りつけられているのなんかイヤだ」と言った。 80年代のフェミニズムは、「なぜ、女たちは醤油に縛りつけられてきたか?」を問い、「女たちも薔薇にありつく方法はあり得るか?」を模索した。

「大坂では、たとえ間接的にであれ、自分の知性を仄めかすというのはこの上もなく恥ずかしいことなのである。」 ・・・ となると、大坂の女は、"シック"を受け入れられない。

男子中学生が行きたい職場は、大阪では消防士、東京では保育士だという。 中学生は利潤追求の仕事には入りたくない理想主義者だ。 

・・・・

それぞれ、心理学や、ジェンダーの観点からの視点や、女性らしい視点からエッセイ。 だから、男からは、そんなに面白くはない。



小倉千加子「醤油と薔薇の日々」( いそっぷ社 2013.6.30)☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小倉千加子「醤油と薔薇の日々」 ふ〜む!とは思うが、男としてはそんなに面白くはない Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる