Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ブルーノのしあわせガイド」は、原題「シャッラ」の方がいい。 

<<   作成日時 : 2013/09/05 20:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

原題は、「シャッラ」 いいから! ほっとけ! 安心して! 最高! お気楽に!・半年・ そんなニュアンスの言葉のようだ。 おぱかな15歳の少年と、いい加減な父親のものがたり。 

ルカ(フィリッポ・シッキターノ )の母親は、半年マリにゆくので、その間、ルカを預かってほしいと言う。 どうして自分にと訝るブルーノ(ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ )に、ルカは息子だからと告げられる。 たった一晩だけの結果だった。 

同居を始めたルカは、学校には遅刻するし、将来は麻薬の売人になると言うし、勉強は全くしないし、どうしようもなかった。 あと三か月だが、落第必至と先生に告げられたブルーノは、毎日勉強を教え始めた。 もともと教師だったプルーノは、教えられるのだ。 

ある日、とうとうルカは麻薬の売人の家に忍び込んで、金と薬を、ついつい盗んでしまい、追われる身となってしまった。

"教師もの"は、なにかあるときの工夫、というか、逃げを作りやすい。 教師の教え子が出世したり、ワルになったりして、話をいろいろ作りやすい。 

ブルーノ役の俳優は、よく知らない。 ティナ役のバルボラ・ボブローヴァは、いかにも女風だ。  まあ、B級映画らしいキャストといったらしかられるかな。 


映画「ブルーノのしあわせガイド」(フランチェスコ・ブルーニ監督 " SCIALLA!" 2011) ☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ブルーノのしあわせガイド」は、原題「シャッラ」の方がいい。  Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる