Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ホワイトハウスダウン」は、オバマへの皮肉かと思ってしまう古典的アメリカンヒーロー物語

<<   作成日時 : 2013/09/10 20:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ジェイミー・フォックス演じる大統領の演説がオバマのように聞こえる。 ノーベル平和賞をもらったのに、核も戦争も無くすことのできないオバマを皮肉っているように見える。 中東22国を結ぶ平和のための条約を目前に、軍産複合体を背景に、アメリカ人のテロリストがホワイトハウスになだれ込む。

内部の人間が中心になっていれば、ホワイトハウスと言えども、簡単に侵入できてしまう。 

エメリッヒにしては、あまり画面に迫力がないが、となりの議事堂は壊しても、ホワイトハウスをそんなに壊したら話が続かなくなる。

チャニング・テイタムと、ジョーイ・キングがヒーロー。  全く弾が当たらないのが不思議なほど、超人的な働きだ。 ジョーイ・キングはどこかで見たなつかしい顔だ。



映画「ホワイトハウスダウン」(ローランド・エメリッヒ監督 2013 )☆☆☆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ホワイトハウスダウン」は、オバマへの皮肉かと思ってしまう古典的アメリカンヒーロー物語 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる