Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 中川淳一郎「ネットのバカ」、バカと暇人のものというウェブの現実を淡々と。

<<   作成日時 : 2013/10/14 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ウェブはバカと暇人のもの」と喝破した中川淳一郎氏だったが、ネットにバカと暇人が集まり始めたのは、芸能人がブログを始めたころからだったという。  芸能人たちは、当然、ネットが金になるから乗り出してきた。 ペニーオークション事件で消えた「ほしのあき」のように、「ステマ」がその代表的なものだったという。

ネットの世界は、現実世界よりも厳しい。 PVを集め、つまり、金を集められるのは芸能人、有名人だけで、強いものが勝ち、勝者がすべてをとってゆく世界だ。 一般人が「ネットで儲ける」なんて殆どありえない。 

東尾理子氏のなんでもさらけだすやり方に中川氏も吃驚したらしいが、それが金に結び付くステップは、いまいち、よくわからない。 単に、人目を気にしない例にすぎないのかもしれない。

中川氏が協力したネットニュース作りのエピソードを読んでも、バカ、エロ、バッシングに徹した文脈、ニュースタイトルを構成し、PVを稼いでいる。  なんとも品のない世界だ。

自動車会社の勤め人がfacebookに飲酒運転をしたと投稿する例もある。 衆人環視の中では、「イケてる」自分を見せたい「ジャズ喫茶理論」も、バカには通じない。  

ネットでの成功者の噂話で、ネットはなにか特別なツールと誤解する向きがあるのかもしれないが、才能も仕事の実績も大したことのない人が、所詮ツールにすぎないネットで、うまくいくわけはないだろう。 

中川氏が、ネットに関する基本4姿勢のなかで、ネットはツールにすぎないと語っている。 「1人の人間の人生が好転するのは人との出会いによる」が、まったくそうだと、同感している。

ネットで叩かれる12ヶ条にもあるが、気になるのは、中川氏も、ネットで韓国を誉める言葉がだせないというのは、言論弾圧と言ってもいい。  




中川淳一郎「ネットのバカ」( 新潮新書2013.7.20)
序章 ネットが当たり前になった時代に
第1章 ネットの言論は不自由なものである
第2章 99.9%はクリックし続ける奴隷
第3章 一般人の勝者は1人だけ
第4章 バカ、エロ、バッシングがウケる
第5章 ネットでウケる新12ヶ条、叩かれる新12ヶ条
第6章 見栄としがらみの課金ゲーム
第7章 企業が知っておくべき「ネットの論理」
第8章 困った人たちぱどこにいる
終章 本当にそのコミュニケーション、必要なのか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中川淳一郎「ネットのバカ」、バカと暇人のものというウェブの現実を淡々と。 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる