Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 與那覇潤「日本人はなぜ存在するか」

<<   作成日時 : 2013/12/16 09:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スタイリッシュな文章というものがあるとすれば、この本がそうかもしれない。 日本と日本人論をとりまく、あまり人に知られていない興味深い話題や事実を、さらりと述べる。大学教養科目の講義録でもあるので、かなり幅広く、かつ、奥深い「教養」を感じさせる。 それを嫌う人もいるだろうが。。。。

「日本人」を正確に定義するのはむずかしい。 血統、居住地、国籍、言語・・いろいろな要素がある。

昭和30年代は、今より治安も悪く、年齢標準化自殺率も高い、決して良くなかった時代なのに、よいイメージなのは、「後になって当時を振り返る私たちは、続く時代に人々が豊かになることを知っているがために、勝手にその社会に「希望」や「前向きさ」を読みこんでしまうのです」 ・・・確かにそうかもしれない。 当時は貧しく、決して将来が良くなるなど信じていたわけではないのだ。

「歴史のストーリーは過去を振り返る際の立場によって変わるので、ある認識を共有する人々のあいだでは妥当なものとみなされるストーリーも、違う立場から見ればまったく間違っている。再帰的なものだからこそ、歴史はそういう危険性をつねに孕んでいる」・・・歴史認識は、だから、立場がちがうと異なるものなのだ。

要するに日本人には家制度と血統主義の区別がついていなかった。 旧国籍法から戦後切り替わったとき、夫婦国籍同一主義、家制度が取り払われ、残るのは、父系血統主義だったが、たとえば、日本で日本人の母親から生まれても、父親が外国人だと日本国籍は取得できなかった。 血統というのは、要するに隠喩にすぎないのだろう。

「民族」とは、「ある国に帰属することになってはいるが、十分に帰属しきれているとは思えない、むしろそのことに問題や違和感を覚えている状態」を表現する指標という。 それで「日本民族」とはあまり言わないのだろう。 しかし、「大和民族」と言うときは、それが純化したイメージになる。

文化は、「古くから変わらないもの」ではなく、時代に応じて常に変化してゆくもので、「国別」にわかれるものではなく、国境を超えている。更に、 「政治とは違って、中立的で平和裏なもの」ではなく、文化を享受するという体験自体が極めて政治的という。。。。。「春の海」は発表当時は「洋楽風」だったし、日本音楽は決して西洋音楽と対立的ではなかったと例をあげている。  なるほど、今、日本文化や和食を固有のものとしているのは、どうも内向き志向が強くなったということか。。。。

「自分たちは人間として普通のあり方をしており、他民族にはそれが欠けている」と考える「文明型」は、帝国主義になりやすく、「自分たちは普通のあり方をしていないがゆえにこそ、優れている」と考える「選民型」は、鎖国思考や排外主義につながりやすいという。 勿論、日本は選民型だ。 しかし、周縁の国として、それほど地震があった上での選民型ではないのではないかと、私は思うのだが。。。



そのほか、興味を引いたエピソード

・ローコンテクストとハイコンテクスト
・「再帰性」、例えば人がいて見るから夕焼けが赤いという、 認識と現実との再帰性
・「メタヒストリー」
・戦前の、内地戸籍と、外地戸籍
・清にも朝貢していた琉球は、日清戦争後、日本人として生きじめた? しかたなくかな?
・「文化」は、「文徳強化」に由来
・「蛍の光」は、朝鮮併合時に、独立運動家の作った臨時政府によって一時国家とされた。 日本でも、三番、四番は、国を護ろうという愛国的な歌詞で、戦後歌われなくなったので韓国人の愛国的な蛍の光が奇妙に思えるだけ
・有標と無標(unmarked)・・・文化として有標化されるのは、スタンダードではないもの
・戦場にかける橋のクワイ河マーチは、卑猥な歌詞を載せて歌った、反ヒトラー、反日の歌?





與那覇潤「日本人はなぜ存在するか」( 集英社2013.10.30)☆☆☆☆☆
Part1入門編 日本人論を考える
第1章 「日本人」は存在するか
第2章 「日本史」はなぜ間違えるか
第3章 「日本国籍」に根拠はあるか
第4章 「日本民族」とは誰のことか
第5章 「日本文化」は日本風か
Part2 発展編 日本人論で考える
第6章 「世界」は日本をどう見てきたか
第7章 「ジャパニメーシヨン」は鳥獣戯画か
第8章 「物語」を信じられるか
第9章 「人間」の範囲はどこまでか
第10章 「正義」は定義できるか


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
與那覇潤「日本人はなぜ存在するか」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる