Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 原田マハ「楽園のキャンヴァス」・・・とにかくおもしろい、アンリ・ルソーとピカソの秘話?

<<   作成日時 : 2013/12/01 16:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

美術には暗いので、どこまでが史実で、どこからが創作なのかはいまいちわからないが、アンリ・ルソーとその作品の真贋を巡るサスペンスのような話。 とにかく面白かった。

子どものころから絵画がおともだちだった、オリエ・ハヤカワは、ソルボンヌで26歳という若さで博士号を取得するような新進気鋭のアンリ・ルソー研究者。 ニューヨーク近代美術館のアシスタント・キュレーターであるティム・ブラウンも、アンリ・ルソー研究の第一人者。 その二人がスイスのバーゼルで、眼にしたものは・・・・

最初の3,4章は、ぐいぐいと引っ張ってゆく。 手が離せないほど面白い。 そこから、やや単調だったり、すこし凝った背景を盛り込みすぎたのではないかと思われる章が続き、最後の二章がまた、なかなかいい。

ディテールには、若干気になるところもある。 たとえば、バトラーの年齢が1983年に95歳だとしたら<1910年は22歳だから、ちょっと若過ぎるんじゃないか。 あと、最後のジュリエットの説明がつまらない、とか、とか。  しかし、全体的にはとても良くできた小説だ。 


原田マハ「楽園のキャンヴァス」( 新潮社 2012.1.20)☆☆☆☆



アンリ・ルソー 楽園の謎 (平凡社ライブラリー)
平凡社
岡谷 公二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アンリ・ルソー 楽園の謎 (平凡社ライブラリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原田マハ「楽園のキャンヴァス」・・・とにかくおもしろい、アンリ・ルソーとピカソの秘話? Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる