Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 浜矩子「アベノミクスの真相」

<<   作成日時 : 2013/12/27 20:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

どなたかのお勧めで浜矩子氏の書を手にしてみた。私は浜氏を酷く誤解していたようだ。こんな素晴らしい考え方経済への深い理解を持っている人とは思わなかった。浜田宏一氏の曖昧な日銀批判より、浜氏の白川日銀と黒田日銀の違いの解説の方がなっとくできる。

要するに、アベノミクスは、時代錯誤的な浦島太郎の政策だ。一番になりたい、昔のような産業政策を取り戻したい、博打のような政策だ。 成長よりも分配が必要だという浜氏の主張に、まったく賛成。

たぶんアベノミクスは失敗するだろうと、おもう。それは誰にとっても大変なことになるのだけれども。。。

「レーガノミクス」と同様、「アベノミクス」のような言葉は幻想を招くだけで、「この政策は「リフレ政策」とは呼べない代物」で、リフレ政策というよりは、資産バブル製造、日銀は政府のための金貸し業になる。 国債を品薄にして、よりリスクの高い金融商品に誘導する気配もある

「資産バブル」と「賃金デフレ」の同時進行になりかねない。

「円高修正により、企業業績が上向く」とおもわれているが、「もはや円安だけで日本経済は復活しない」。 「輸出立国日本」「円安は神風」のイメージが刻み込まれていて、条件反射的に円安に傾斜したがる。

・「アベノミクスは順調な滑り出しをした」→「「魔法使いの弟子」になる危うさをはらむ」・・・

「筆者には、どうも彼らが目指す方向と日本にとって将来性のある方向都が一致しているように思えない。「日本を取り戻す」という実に後ろ向きで過去の夢に囚われた発想で、機動的に迅速に動かれることには、大いに不安がつきまとう」

個人や家計に対してばかり「貯蓄から投資へ」の呼び声をかけて、バブルの世界へとおびき寄せていく。 その一方で企業の貯蓄性向の高さは放置する。 思えば、これもおかしい」

「自助力なき者の生きる権利を保障する。 そのために人間が生み出してきた知恵。 それが公助の理念のはずだ。それを何やら自助を補完する装置に降格させてしまおうというのは、知的後退だというほかはない。」

女性の活用など、「この種の論理を突き詰めていくと、次第に成長戦略に役に立たない者たちは政策支援の対象にしないというところに行き着いてしまう」



浜矩子「アベノミクスの真相」( 中経出版2013.5.29)☆☆☆☆
1. 「黒田バズーカ砲」は何を狙っているのか これが安倍政権の「金融政策」の真相だ
2. 「浦島太郎」のバラマキは何をもたらす これが安倍政権の「財政政策」の真相だ
3. 「日本を取り戻す」必要あるか これが安倍政権の「成長戦略」の真相だ





日銀につぶされた日本経済 自民党惨敗の真相は、日銀の金融政策失敗にあり
ぐるぐる王国 楽天市場店
山本幸三/著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名ファーストプレ

楽天市場 by 日銀につぶされた日本経済 自民党惨敗の真相は、日銀の金融政策失敗にあり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浜矩子「アベノミクスの真相」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる