Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 塩野七生「日本人へ 危機からの脱出編」タイトルに期待しすぎなければところどころは示唆に富む

<<   作成日時 : 2013/12/04 08:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

文藝春秋に連載していたコラムをまとめたもの。 だから題名の「危機からの脱出編」というのは、やや誇張におもう。 こういう本の作り方は好きではない。 だけれども、題名に拘らず、期待しすぎなければ、それなりに示唆に富む話がある。 

・イタリアの非職業政治家たちのモンティ内閣は、今まで職業政治家が実現できなかった政策を次々と実施してきた。選挙を気にしなくても良いことが大きい、らしい。 そのままローマの独裁官のように、期限が来て大学に戻ればよいのに、モンティは職業政治家になると宣言したという。 しかし、モンティの緊縮増税政策ですっかり元気のなくなったイタリア国民はモンティを嫌ったようだ。


・「世界に四つ絶対にないもの」という冗談があるそうだ。 アメリカ人の哲学者、イギリス人のクラシック作曲家、ドイツ人のコメディアン、日本人のプレイボーイ、だという。  プレイボーイの能力、少なく与えて多くをとる能力を、日本人は、男女老若を問わず本質的に持ち合わせていない。  どちらといえば、多くを与えても少なくしか取れない「カモ」、あるいは、「ポッロ(にわとり)」ばかり、バカ正直でお人好しで世間知らず、だ。 ・・・ 井の中の蛙、ということかな。


・塩野氏は、韓国に行ったとき、逃げずに主張はしていたが、「日本人も、歴史的には朝鮮半島が日本にとって常に、東に向かう中国の防波堤になってきたことを忘れてはならないと思う。  日本を中国から守ってきたのは、日本海と、時にふいてくれる神風だけではなかったのだから。」という説には、なるほどと思う。




塩野七生「日本人へ 危機からの脱出編」( 文藝春秋2013.10.20)☆☆☆☆




【1000円以上送料無料】日本人へ 危機からの脱出篇/塩野七生【RCP】
オンライン書店 BOOKFAN
著者塩野七生(著)出版社文藝春秋発行年月2013年10月ISBN9784166609383ページ数2

楽天市場 by 【1000円以上送料無料】日本人へ 危機からの脱出篇/塩野七生【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)
新潮社
塩野 七生

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
塩野七生「日本人へ 危機からの脱出編」タイトルに期待しすぎなければところどころは示唆に富む Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる