Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 谷本真由美「日本が世界一「貧しい」国である件について」・・・これは必読本!

<<   作成日時 : 2014/02/21 09:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Twitterで私もフォローしている "@May_Roma"(谷本真由美)さんの著書だ。 twitterでも常に明快な言説だが、この本も、そこまで言うかというほど遠慮会釈のない、"ここがおかしい"日本と日本人論だ。 しかし、97%くらい、言ってることは正しいと私も思う。  外国で仕事している谷本氏の言説は、外資企業で暮らした私には、ピンとくる。 

(私には)とても面白い、賛同できる一節を, 2,3, 紹介する。

「日本では、政治家の何さんは被差別部落出身だ、何さんは在日調整人だというささいなことで大騒ぎする人達がいます。そんなことで大騒ぎしている人が、別の場所では「多様性」「国際化」「グローバル人材」などと放言しているのは何かの冗談でしょうか?」

・・・こんな人は、漢字の読めない元総理をはじめとして、すぐ隣りにも沢山いますね。 真の゜国際化」は自身の民族性や、自国に根をおろして初めて発揮できるという説もあるけれど、それは程度問題だね。 


「日本で美徳とされていることは、単なる弱い者いじめに、我慢大会だとしか思えません。 「私も不幸な経験をしたからあなたもしなさい」・(中略)・・という底意地の悪い不幸の押し付けにすぎないのです。 その底にあるのは、妬みの感情です」

・・・日本の働き方、狭い社会での同質性を求める圧力、変わり者を排除する風土・・・「妬み」というのは、本当かもしれない。 階層の下からの妬み、同僚・友人のなかでの妬み、確かにそうかもしれない。




全然、本筋ではないが、スターウォーズのオビワン・ケノービは三船敏郎のはずだったと初めて知った





谷本真由美「日本が世界一「貧しい」国である件について」( 祥伝社 2013.4.1)☆☆☆☆☆
1. ニッポンはなぜ貧しくなったのか
2. ニッポン人の働き方はこんなにおかしい
3. グローバル人材ってなんだ?
4. 文明未開の国 − 本当に「貧困」な日本社会
5. ドメ思考では取り残される! 世界と日本のこれまでとこれから
6. 2020年を生き抜くために

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
谷本真由美「日本が世界一「貧しい」国である件について」・・・これは必読本! Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる