Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 百田尚樹「海賊と呼ばれた男(下)」

<<   作成日時 : 2014/04/02 09:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

上巻を読んで、中身を忘れるほど間が空いてしまったが、下巻を読んだ。上巻と同様、話は面白いし、出光佐三氏の凄さ、立派さには感銘する。

封鎖中のイランに、イギリスからの攻撃のリスクを冒して日章丸を送る経緯などは、手に汗握る展開だし、豪胆さと周到さを兼ね備えた凄い人だと思う。石油連盟と通産省による「国岡商店」たたきは、さもありなんと、昔からこの国にある横並びを乱す者に対する攻撃であり、極めて日本的だ。

出光氏の著作を読んでみようと思った。出光氏が傑物であり、日本と日本人を常に思い、信じ続けた人だとは信じるが、作者百田氏が語る人物像そのままだったのか知りたくなった。上巻のあと、下巻を読むまでの間、都知事選があり、百田氏の言動が話題になった。百田氏の思いによって、百田色に若干脚色されていないかと怪しんだからだ。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
百田尚樹「海賊と呼ばれた男(下)」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる