Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 消費税増税後の10日間・・・先行きは暗い

<<   作成日時 : 2014/04/13 12:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4月1日の消費税増税から10日以上たった。 たかが3%程度の上昇なのに、なかなか生活者には厳しいものがある。

最近、よく暗算をする。 ( (増税前の価格) / 1.05 ) * 1.08 という計算だ。 つまり、消費税増税だけなら、税込価格はいくらになっているのかを知るためである。 つまり、ものの価格が、ずいぶんと上がっているから、確認したくなるわけである。  つまり、以前ノ価格の 1.02857 倍、 簡単にして、1.03倍なら、増税分だけ上がった税込み価格だ。 

この国は、消費者をバカにしているようで、昔から、税込み価格ばかり表示されている。 税抜き価格だけの表示でやっていれば、今回のような増税でも、税金分だけ余計に払うことがはっきりする。 ところが、キリの良い税込み価格で表示されているから、税だけ上げずに、べつのキリのよい価格設定をしてしまう。

便乗値上げも多い。 売る方は「便乗」とは言わないだろうが、買い手にすれば、便乗だ。 

吉野家の牛丼(並)は、増税前、税込み280円、 現在は、300円。 先ほどの計算で、(280/1.05)*1.08 = 288 円であって、300円にはならない。 つまり、これは新しい価格設定を増税のタイミングで実施したことで、こういうことを便乗というのではないか。 牛丼の例でいえば、もともと、税抜き価格、(280/1.05 = 266.6 ) 267円を価格としていればよかったのだ。 販売していればよかったのだ。 それを10円値上げします、と言うのが、正しいメッセージだろう。 

他の商品もそうだ。 税込み価格でずっとやっていたから、大幅値上げになるのだ。 1円玉や5円玉を扱う手間を避けたいと言うのは、店の勝手な都合である。 消費者は、端数がでても、まったく構わないのだ。

そういう意味で、電車やバスのICカードによる運賃決済が増税分だけ増えているのは、全く理にかなっている。 切符購入より、ICカード有利に設定したのも、多額の前払いを考慮すれば、合理的である。 券売機をすべて入れ替えることができないから、こうした二重運賃を設定したのも、仕方ないという一面もある。



しかし、相対的に、たかが3%であるが、結構、重くずしんと来る。 つまり、何から何までだからだ。 ただでさえ高い鉄道・バスの運賃に、なぜ消費税を適用しないといけないのだろう。  NHKの受信料にまで適用だから、昔言っていた「付加価値税」の定義は、いまはないのかもしれない。

そのくせ輸出業者は、がっぽり還付されるから、大企業は、歓迎したりして。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
消費税増税後の10日間・・・先行きは暗い Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる