Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 松田千恵子「グループ経営入門」

<<   作成日時 : 2014/05/30 20:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

事業会社に対する本社機能の力を、企業グループ内の投資家的機能として見極める力、連携強化機能の連ねる力、代表機能の束ねる力と捉え、それぞれの力を強化する方策を論じてい.る。

投資家が必要とする左脳的な企業価値情報(将来キャッシュフローの現在価値など)など、見極める力の解説がファイナンスベースで、なかなか骨がある。 著者の松田千恵子氏は、企業の現実をよく知っていて、とてもいいことを言っている。が、残念ながら、こちらに素養がなく、理解に苦しんだ。何度挑戦しても、資本コストやNPVの世界は、私には遠い世界のままだ。

私には、なかなか理解しにくい世界だが、しかし、松田氏は、なかなかいいことを言っている。 バランスに富んだ、しかし、現実的な意見を語っている。 アトランダムに羅列しておく

・「左脳だけなら投資ファンドと同じ」

・持ち株会社の役員と事業会社の役員は分離すべき

・経理・会計は過去の実績を正確に記録することに価値があり、財務は将来の予測を確からしく行うことに価値がある

・キャッシュフロープロジェクション・・・売上、コスト、運転資金、投資資金、負債・資本・・・が大事

・企業価値評価・・・インカム・アプローチ、コスト・アプローチ、マーケット・アプローチ がある

・Going concern の concernは、心配や懸念の意味ではなく、会社、事業の意味

・資本コスト・・これだけは投資家にお約束した以上守らなければいけない、見返りの最低水準、ハードルレート

・IFRSの本質は、アカウンティングをファイナンスに近づけようということ。

・ファイナンス的な考え方において企業の成功を測る指標は、全世界的に「企業価値」になっている

「連ねる力」
・戦略的投資家としてのシナジー発揮推進機能
・戦略的投資家としてのインキュベーション機能・・・青い鳥を探しに行かないこと

・コストサイドシナジー、ダウンサイドシナジー・・・一緒の方がコスト削減できる
 アップサイドシナジー・・・一緒の方が価値が大きくなる

・コングロマリット・プレミアム(一つひとつの事業に投資するよりもまとめて)と、コングロマリット・ディスカウン

・マネジメントシナジー、投資シナジー、操業シナジー、販売シナジー

・「シナジー検討にあたっては、シナジーを生みだす要素の検討とともに、それを「どのような組織的な仕掛けを以て行うか」ということがたいへん重要になります」

・「知っている人をやる気にさせるのが本社の仕事」

・M&Aの失敗の多くは、統合比率など大事な決定を後回しにしたこと

・ダイバーシティマネジメント・・・個の違いを尊重すること
 ダイバーシティ・マネジメントは、米国企業にとっては競争優位の源泉、グローバル化にあたって必須の事。

・CSRは、Corporate Stakeholder Relationと考えるべきだ





松田千恵子「グループ経営入門」( 税務経理教会2010.10.1)☆☆☆☆☆
第一章 本来の経営を取り戻す
 第一節 欠落していた要素は何か
 第二節 将来に向けて何をすべきか
第二章 「ゴール」を決めて共有する
 第一節 企業の成功を何で測るか
 第二節 企業理念は根付いているか
第三章 本社の役割を確認する
 第一節 組織の括りをいったん忘れる
 第二節 日本企業になぜ閉塞感が強いのか
 第三節 グループ本社は何をすべきか
第四章 見極める力を強くする(1) ―将来予測重視の経営
 第一節 将来像をどう描くか
 第二節 本社が行う計画策定は何が違うのか
 第三節 計画を作りっぱなしにしない
第五章 見極める力を強くする(2) ―企業価値重視の経営
 第一節 ファイナンスの基本は抑える
 第二節 事業の値段はいくらなのか
 第三節 経営のための基盤を築き直す
第六章 「連ねる力」を強くする
 第一節 事業の間を刺激する
 第二節 新しい芽を育て続ける
 第三節 そのM&Aは本当に必要か
第七章 「束ねる力」を強くする
 第一節 外部に向けて発信する
 第二節 株式会社について考える
 第三節 世界はフラット化しない
第八章 本当に良い企業とは何か

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松田千恵子「グループ経営入門」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる