Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「SOMEWHERE」は、2回目になって、とてもよかった

<<   作成日時 : 2014/06/16 08:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2回目。 前回は退屈な映画だと思ったが、今回は、ゆっくりしたカメラ回しによって、派手な日常のなかに潜む哀しみがしんみり伝わってくる。 けっこういい映画じゃないかと認識を改めた。 

エル・ファニングは何度見てもかわいい。 イタリアでは、ドレスに包まれて美しかった。 その可愛さの中にも、ママが去っていくのではないかという深い悲しみと怖れが隠されている。 

スティーヴン・ドーフは、酒と女に明け暮れるホテル暮らしの映画スターとして、ぴったりの配役だ。 それもなんとなく孤独感が漂っていていい。 朝、マネジャーのマーゴから電話が入り、どこに行ってくれとか指示通りに動くほかは、誘惑する女にのっかってゆくぐらいしかすることがない。 そんなところへ、前妻と済む一人娘、クレオがやってきた。 


オフィシャル・サイト  http://focusfeatures.com/somewhere (英語)
オフィシャル・サイト  http://www.somewhere-movie.jp/


映画「SOMEWHERE」(ソフィア・コッポラ監督 2010 )☆☆☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「SOMEWHERE」は、2回目になって、とてもよかった Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる