Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐藤幹夫「ルポ高齢者ケア 都市の戦略、地方の再生」

<<   作成日時 : 2014/06/28 12:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

佐藤氏は、フリージャーナリスト。 都市の高齢化対策を、柏市、新宿、池袋、山谷で取材、地方の高齢化対策として、熊本県、同山鹿市、同菊池市、群馬県上野村、宮城県石巻市を取材している。 

都市では、在宅医療の進め方、団地の孤独死対策の見守り、ホームレスへの支援、地方では、過疎化に向かう高齢者へのワンストップの対応が求められる。

群馬県上野村という、平成の大合併を拒否した豊かな村が、高齢者向けの集合住宅を用意し、医療と介護を組み合わせ、終の棲家として提供している試みが興味深かった。 

当然、県、市という自治体が中心となって、大学、医療、介護の人々が参加するチームの取り組みが紹介されている。 やはり医師の役割が大きい。 

ただ、なんとなく、読み飛ばした感じはある。 楽しい話題でも希望のある話題でもない。 明日は我が身のテーマだからか、自分では、これらの自治体の仕組みになんにも手を出せないという気持ちもある。  



佐藤幹夫「ルポ高齢者ケア 都市の戦略、地方の再生」( ちくま新書2014.5.10)
第T部 都市の戦略
第一章 超高齢社会の未来を創る
1. 「柏プロジェクト」とはどんなものか 千葉県柏市役所保健福祉部福祉政策室
2. 住いと生きがいの喪失 柏市豊四季台団地
3. 「柏プロジェクト」を世界に 辻哲夫
第二章 「死に至る孤立」を防ぐ
1. 「重層的見守り体制」とは何か 新宿区役所
2. 新宿区戸山地区のゲートキーパーとして 木原幹洋医師
3. 新宿区の在宅医療と高齢社会の未来 ヒロクリニック 英裕雄医師
第三章 「高齢弱者」という課題
1. 池袋の雑踏のなかで 森川すいめい医師
2. 東京山谷地区と終の棲家 訪問介護ステーションコスモス
第U部 地方の再生
第四章 認知症ケアと「地域の介護力」
1. 熊本モデルとはどんなケアシステムか 熊本県健康福祉部
2. 「熊本モデル」の医療システムとその実際
3. 地域拠点型認知症疾患医療センターと地域資源の連携 山鹿市
4. 「介護力は地域の活力です」菊池市役所
第五章 過疎地域の再生モデル
1. 保健・医療・福祉の一体化したサービスを目指して 群馬県上野村
2. 集落の隅まで行きわたる医療と保健活動
第六章 もう1つの「石巻の記録」
1. 2011年3月11日石巻
2. 石巻の医療はどこまで復興したのか
3. 石巻から発信される包括ケアセンターの取り組み

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐藤幹夫「ルポ高齢者ケア 都市の戦略、地方の再生」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる