Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「闇のあとの光」・・・よくわからない。 期待しすぎたかも。。。。

<<   作成日時 : 2014/06/03 19:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

出だしは素晴らしかった。 メキシコの田舎、夕闇が少しずつ迫る林と、雨水のたまる草地、荒れ地に牛を追う犬たち、 「牛さん」「モーモー」と動物たちに語りかける幼ない女児。  自然の脅威と、「それ」がやってくる予感。

「それ」は、赤く光り輝くもの。 牛の頭と、悪魔のような先端が三角形にとがった長い尾をもつもの。 道具箱のようなものを持ち、部屋をひとつずつ見てゆく。 幼い女児がそれをみている。

予告編では、「それ」は、神か悪魔かといい、「それ」が現れてから、平和な家庭がおかしくきしみ始めるとか言っていた。 でも、なんとなく、「それ」が現れる前から、この夫婦や周囲は、おかしかったんじゃないの・・・と思うような人びとだ。 

大体、サウナのようなところで繰り広げられる、スワッピングのような催しは何だ? なにかの治療? なにかの宗教的催し?  彼の集まる部屋が、ヘーゲルやデシャンや、哲学者の部屋になっているのはどうして?

断酒の会のような集まりは何? セブンという男と、ボスは、どんな関係?  なぜ、セブンは、大木を伐らないといけないの?   なぜセブンは、フアンの家に盗みに入るの?  何を盗んだの?

なぜ、若者たちのラグビーが突然はいるの?   なぜ、スキーの滑降が突然入るの?

・・・・ 頭の中は、疑問符ばかりだ。

映像は、テレンス・マリックのような優美に跳びはねている。 自然の中で闊達に動き回る人々はいい。 でも、マリックの映像は、それなりに脈絡というものがあったけれど、この人の映像には、それがない。 まるで思いつきで回しているようにしか見えない。








映画「闇のあとの光」(カルロス・レイガダス監督  メキシコ 2012 ) 


オフィシャル・サイト  http://www.yaminoato.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「闇のあとの光」・・・よくわからない。 期待しすぎたかも。。。。 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる