Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「Her」・・なんともせつないラブストーリー、スカーレットヨハンソンの演技(?)が素晴らしい

<<   作成日時 : 2014/07/11 05:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最近みた「トランセンデンス」と同様、人工知能が中心のSFだが、こちらはSFらしくない、しんみりとしあがった良い作品だ。 ホアキン・フェニックスの出演作のなかで、もっとも好感度の高い作品ではないだろうか。 声だけのスカーレット・ヨハンソンかなんとも魅力的だ。 

スカーレット・ヨハンソンの声を聞いて、どの彼女を想いうかべるか? そんなディスカッションをするのも楽しかろう。 動物園の彼女か。 バルセロナの彼女か、 アベンジャーズとして戦っている彼女か、ドン・ジョンの彼女か・・・・。

セオドア(ホアキン・フェニックス ) は、もとライター、いまは、代書人で手紙の文章を練っている仕事だ。 美しい感動させる文章をつくることに自信を持っている。 しかし、心はとても孤独だ。 心から愛していた妻、キャサリン(ルーニー・マーラ) と一年も離婚調停中で、催促されている。 

そんなある日、新型の人工知能型のOS, OS1の導入を薦める広告を見たセオドアは、興味を持ってすぐに試してみた。 設定でいろいろ聞いてくる不思議なOS。 女性の声を選択したセオドアに、PCから声(スカーレット・ヨハンソン )が聞こえてくる。 名前はサマンサと名乗り、たったいま決めたと明るく名乗る。

仕事は有能、機知にとんだ、楽しいサマンサに、すぐにセオドアは好意を持ち始める。 なぜかサマンサも、肉体をもたないことを悲しむほど、セオドアといつも一緒にいたいと願い始める。 

同じマンションに暮らす友人、チャールズ(マット・レッシャー )とエイミー(エイミー・アダムス )夫妻は、孤独なセオドアを心配してデートの相手を紹介したりするが、まだキャサリンに未練があるセオドアは乗り気にならない。

しかし、ある日、ふとサマンサと一線を越えて(?)から、ふっきれたように、離婚を決意し、サマンサとの恋を公に語るようになる。 仕事もよりうまくいくようになり、心も軽くなって、携帯端末を持ち歩いて、いつもサマンサと語っているようになった。 

しかし、OS1を導入しているのは、もちろん、セオドアだけではなく、サマンサも進化を続けていた。・・・・・


風景がかなりスタイリスティックで、舞台のロスアンジェルスだけでなく、上海もつかっているようだ。 ルーニー・マーラが別人のように女性っぽい。 



映画「Her」( スパイク・ジョーンズ監督 2013)


オフィシャル・サイト   http://her.asmik-ace.co.jp/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「Her」・・なんともせつないラブストーリー、スカーレットヨハンソンの演技(?)が素晴らしい Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる