Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ノア 約束の舟」地味だがなかなか良くできている

<<   作成日時 : 2014/07/18 08:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「神とともに歩んだ正しい人」ノアを、ラッセル・クロウが熱演している。 ある意味、頑固な堅物であり、変人でもあるノアにぴったりの役どころだ。 聖書に忠実なところも、そうでないところもあって、単なる聖書物の映画ではなく、うまくまとめ挙げられている。

神からほっておかれた人間たちは生きるために略奪や殺人を繰り返す。 目の前で、カインの末裔トバル(レイ・ウィンストン )に父親を殺されたノア(ラッセル・クロウ )は、ある日、夢で神の啓示を得る。 地上のものが焼きつくされ、大洪水に呑みこまれる。  夢の啓示を確かめるために、妻ナーマ(ジェニファー・コネリー )と三人の息子、ハム、セム、○○○とともに、祖父(アンソニー・ホプキンス)の住む山に向かう。 途中、蛮族に襲われた部落で怪我しながら生き残ったイラを救った。 

祖父の助言を得て、箱舟を作り始めたノア、やはり建造には時間がかかるのだろう。 ハム、セムとイラは、大きく成長し、年頃になった。 ハム(ローガン・ラーマン )とイラ(エマ・ワトソン )は、"つがい"になったが、セムには相手が居ない。 

舟が出来上がるにつれ、鳥が自然に集まり、動物も集まってくる。 トバルたちも異様な林と舟に着き寄せられて、ノアから神の罰を聞くが、もしそうなら、ノアの舟を奪おうと考える。 

悪しき人間を絶滅させるのが神の意志で忠実にそれを実行しようと考えるノア、家族を大事にしようとする妻ナーマ、なんとか自分の妻を見つけたいセム、・・・ それぞれの思いが、錯綜してゆくとき、 雨が降り始める ・・・・




映画「ノア 約束の舟」(ダーレン・アロノフスキー監督 2014 )


オフィシャル・サイト  http://www.noah-movie.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ノア 約束の舟」地味だがなかなか良くできている Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる