Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS イスラム国邦人人質事件に日本を見る

<<   作成日時 : 2015/02/01 08:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

このような大事件が起こると、日本の人々は、(どこの国も同じかもしれないが) 、皆、好き勝手なことを言う。 安倍政権が、これを利用して自衛隊派遣に弾みがつくとの意見には、私も同意見だ。 

そもそも、ふたりが拘束されていることを知りながら、イスラエルと同盟したかと思われるような訪問や、イスラム国を敵に回す勇ましい演説を繰り返したのは、もちろん、責任の一端がある。

もちろん、イスラム国は、イスラム世界からも危険視されている非道の組織だから、それに敵対するのは間違いではない。 しかし、だからといって、わざわざ煽ることをするのは、馬鹿げた行為といえるだろう。 欧米のメディアが、安倍晋三氏は、国民の生命よりも自分のメンツを大事にしていると報道されていたが、まったくそのとおりだろう。

テレビ番組で、安倍晋三氏は、自衛隊を派遣して邦人救出と言う案を語ったらしい。 私は聞いていないのでそのニュアンスはわからないが、これも、人命を助けるよりも事件を利用して、この機に乗じて自衛隊の海外派遣の世論を喚起している、という意見は、まったくその通りだ。  米軍だって成功しないのに、自衛隊が行って何ができると言うのか。 どうやって、後藤さんを救出出来るのか説明してほしいものだという意見は、全く賛成である。

よく考えれば、自衛隊の派遣には結び付かないのに、なんとなく、軍事で対抗しなければならないと言う空気になってくる、それが、安倍晋三氏の(意識しているんどうかは知らないが)狙いである。   これは外交ではないだろう。 

金をばらまくか、軍事力で普通の国並みになるか、その選択肢しか、安倍晋三氏にはないらしい。 敵を作りだすことが、もっとも、容易なことで、敵を作らない高等外交は無理なのだろう



安倍晋三氏以外にも、ネットで話題になった人は多い。   右翼政治家T氏は、後藤氏は、在日だから・・・とかなんとか言ったという話がとびかっていた。  これも真相は知らないから何とも言えないが、 T氏らしい話題だと思った。  ここで在日かどうかなど、何にも関係ないだろう、在日だったらほっておいていいのだろうか。 

後藤氏の母親I氏に対するバッシングも盛んだったようだ。  確かに、関係ない反原発のメッセージや近況を殆ど知らないことに違和感を感じた人も多いだろうが、だからといって、バッシングすることもなかろう。  一応被害者の肉親なのだから、同情こそすれ、責めたりするのは、日本人らしからぬ対応だろう。 

バラエティ・ショーによく出てくるD夫人の発言とされる、自決せよ、は、本当なのだろうか。 話題になってはいたが、真相が分からない。  どうも、日本の人々は、被害者を責めることが好きなようだ。 昔から、レイプや痴漢でも女性を責める人は多いし、いじめでもいじめられる方に原因があるとする意見が多い。 被害者を責めているうちは、何にもしなくてもいいからだし、弱い立場の人間を攻撃していれば、自分は安全だ。



自己責任論が、また、頭をもたげてくる。 しかし、後ろから味方が撃ってくることもある。   海外に居る邦人はたくさんいる。  しかし、安倍政権がこんなに、かたくなに、許さない、報復する、などと言い続ければ、いよいよ敵に回してゆくことになる。 いつどこから、拉致されるかわかったものではない。  そういう在外邦人の生命を危険にさらしながら、国民の生命と財産を守る、と言い続ける人、というのは、なんなんだろう。  頭が悪いのか、確信犯なのか。。。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イスラム国邦人人質事件に日本を見る Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる