Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「中島みゆき 縁会2012〜13 劇場版」

<<   作成日時 : 2015/02/13 20:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中島みゆき様の貧乏なファンとして、2500円のチケットは、清水の舞台から飛び降りたような決断だ(ちょっと大げさか)。 ほかの映画なら1100円だから、ゴダールにしようか、かなり迷ったのだ。  そして、「空と君のあいだ」のイントロが流れてくると、胸にジーンとせまるものがあり、なんとなく瞳がウルウルしてくる。 

大画面、大迫力だ。 案外、東京フォーラムの舞台は地味だ。 そりゃ地味でいい。  歌を聞きに行くので、ダンスや大仕掛けを見に行くわけじゃない。 映画の中の観客も、結構静かだ。 もちろん、映画館の客は拍手もしない。

なんと、睡眠不足のせいか、眠くて、うつらうつらしている。 中島みゆき様の歌を聞きに来たのに、うつらうつらするとは、なんと失礼な! あっ、「時代」のイントロを聞き逃した。 以前のようなアカペラだったのかな? たぶんちがう。 
なんというやつだ、うつらうつらして聞き逃すとは!

「世情」のバックコーラスが聞こえてくると、フォーラムの観客はみな拍手している。 「愛だけを残せ」は抜群によかった。 「最後の女神」もいい。  「風の笛」はCDで聞くより、遥かに可愛らしい。 

「パラダイス・カフェ」は元気だ、乗っていると思ったら、 ああ、もう終わってしまう。  「ヘッドライト、テールライト」で最後だ。 アッという間に終わってしまった。 100分くらいしかなかったんじゃないかな?

しかし、中島みゆき様は、素敵だ。 芸能人のように歯を真っ白に加工していない、自然体が素晴らしい。 あのポニーテールのような髪形はずっと変わっていないし。  あのジーンズ姿も何十年と変わっていないのではないか。 





映画「中島みゆき 縁会2012〜13 劇場版」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「中島みゆき 縁会2012〜13 劇場版」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる