Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「エンダーのゲーム」、「家族の灯り」、「アイム・ソー・エキサイテッド」

<<   作成日時 : 2015/03/09 15:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Wowowは、見逃した映画を見るにはとてもいい。 月に映画2,3回分の料金だから、いい映画ならペイする。 「エンダーノゲーム」、「家族の灯り」、「アイム・ソー・エキサイテッド」は、見逃したというよりは、映画館で見るにはちょっと優先度が低いものだ。
 

映画「エンダーのゲーム」(ギャヴィン・フッド監督 2014)

エンダーの姉の役でアビゲイル・ブレスリンが出演している。 エンダーを精神的に支える重要な役割だが、浴びゲいるらしいいい役だ。 アビゲイル・ブレスリンの役どころは、「サイン」のポー、「私の中のあなた」のアナ、「コール」のケイシーなどなど、賢く、ちょっと変わっているが、しっかりした、けなげな女の子だ。 

主演のエンダーは、エイサ・バターフィールド。  「ヒューゴ」の可愛らしい男の子だが、今回は繊細な天才少年らしく、きりりとしている。 

ハリソン・フォード、ベン・キングズレー、ヴィオラ・デイヴィスなど、錚々たる共演者に囲まれた子どもたちが主体の、不思議な軍隊だ。 SFのお話としては、まあそれでもいいが、全編テレビゲームわしているような映像であり、お話なのだから、当然のことにリアリティもない。  しかし、結末は、とてもいい。 

オフィシャル・サイト   http://disney-studio.jp/movies/ender/







映画「家族の灯り」(マノエル・ド・オリヴェイラ監督  2012 )

ふと観たら、なんとも芝居がかった、ろうそくの炎で光と影を演出しているかのような、ある意味、珠玉の小品で、俳優陣も、なんとも、荘重なキャストだった。 後でオリヴェイラ監督の作品と知った。  

年老いてからも御情けの帳簿付けで薄給を得ている老人とその妻は、家を出て行った息子を毎日思い出しつつ、貧しさに終わる人生を呪い続けている。  そして息子の嫁となった養女ソフィアと老人は、息子の情報、それも良からぬ情報を妻に知らせず、秘密にしている。。。


オフィシャル・サイト  http://www.alcine-terran.com/kazoku/







映画「アイム・ソー・エキサイテッド」(ペドロ・アルモドバル監督 2013)

マドリッドからメキシコに向かう飛行機が、空港の係員が車止めをほったらかして恋人を医務室に連れて行ったために、スペインの空港で、不時着することになった。

ビジネス・クラスの乗客は癖のある連中ばかりだ。 女狂いの俳優、詐欺同然で高跳びを測る銀行役員、SMの女王、その女王の暗殺以来を受けているが逃亡をたくらむ殺し屋、未来予知ができ、飛行機内に死の匂いをかぎつけるる中年の処女、そして、客室乗務員の三人のオカマは、酒を飲み、怪しげな踊りで乗客の恐怖を和らげようと必死だ・・・・・・・

なんとも、めちゃくちゃなコメディ。 冒頭の事故の原因となった空港でバゲッジを運ぶ係員のチョイ役に、なんとペネロペ・クルスがでている。  その彼氏の整備士は、アントニオ・バンデラスだから、だから、他のキャストも、スペインの有名俳優多数なのかもしれない。 

…。

オフィシャル・サイト  http://excited-movie.jp/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「エンダーのゲーム」、「家族の灯り」、「アイム・ソー・エキサイテッド」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる