Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐藤正午「鳩の撃退法(下)」

<<   作成日時 : 2015/03/28 15:10   >>

トラックバック 1 / コメント 0

「別の場所でふたりが出会っていれば、幸せになれたはずだった」と書かれた小説本の帯をみて、小説家の津田は、言う。 小説家だったら幸せになれるよう、別の場所で会わせればよいと。 小説家なら現実世界で出来ないことを可能にする。  

上巻から、実際に身の回りに起こった事件を題材に小説を書いている過程と、題材そのものを一緒に書きすすめているが、下巻になると、さらに書き進める小説の内容まで、登場人物が口を出し始める。 複雑な構造だから、飽きないけれども、わかりにくくもなる。  

ミステリーとしても勿論面白いし、小説の書き方本にすらなっている。 
 
 「何をどの順番で書いていけばいいのか。
 書かずにすませられることはなにで、ぜひとも書かなければならないのはなにか。
 だがそもそも、ぜひとも書かなければならないことなどあるのか。」

書かなければならないことなどないわけだけれども、なぜか、この小説はひどく饒舌で、いたく緻密だ。  緻密化と思えば、どうでもいい会話が延々と続いたりする。










佐藤正午「鳩の撃退法(下)」(小学館2014.11.18)

上巻 ・・・ http://46460707.at.webry.info/201503/article_30.html



鳩の撃退法 下/佐藤正午【後払いOK】【2500円以上送料無料】
オンライン書店boox
著者佐藤正午(著)出版社小学館発行年月2014年11月ISBN9784093863896ページ数47

楽天市場 by 鳩の撃退法 下/佐藤正午【後払いOK】【2500円以上送料無料】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鳩は何で、撃退とは何か・・・
小説「鳩の撃退法」を読みました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2016/08/31 23:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐藤正午「鳩の撃退法(下)」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる