Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK Eテレ「こころの時代〜宗教・人生〜 アンコール「イエスと歩む沖縄」」

<<   作成日時 : 2015/03/01 15:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こころの時代〜宗教・人生〜 アンコール「イエスと歩む沖縄は、2013年12月に放送された番組の再放送だ。 アンケートなど、再放送の希望が多かっただけかもしれないが、NHK ETV現場の最近のNHK経営層に対する無言の抵抗だったらと期待してしまう。

沖縄をめぐる情勢は、在京の大手メディアが一切報道しない。 警察だったか、海保だったかが、在京大手メテセィアに対して、琉球新報などの沖縄メディアの報道は誤りだとか、大げさだとか、会見していたと言う。

沖縄のメディアが報道していることは、海保が、かなり暴力的に辺野古の抵抗運動を切り崩しているということだ。 たとえば、市民の乗るカヌーやボートを沖合まで連れて行って、放置してくるとかもある。  人死にでもでたらどうするのかと、運動家は抗議している。

そんなところに、最近、基地前でデモをしていたリーダーを、基地の警備員が、無理やり、基地内に引きずれこんで、無許可で基地に侵入したからと言って逮捕するという、茶番劇があったと言う。  現地の警察は、当然、、グルの用で米軍からリーダーら二名を犯罪者としての引き渡しを受けた。

結局、リーダーたちは釈放されたけれど、米軍が、どんな権限があって、基地内には行ってもいない市民を拘束するのかと、反対運動側は強い抗議をしている。  それが本当なら、日頃から「国民の生命と財産を守る」と、盛んに主張している、某首相など、即刻米軍に抗議しなければならないところだろう。 


そんな情勢の中、あの会長の君臨するNHKで、この番組が再放送された。 平良修牧師が、普天間基地前に立って、抗議している姿とか、辺野古の基地建設に反対している姿とが、遠慮なく映し出されている。 NHKのなかにも骨のある男はいたのかもしれない。 



http://www4.nhk.or.jp/kokoro/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK Eテレ「こころの時代〜宗教・人生〜 アンコール「イエスと歩む沖縄」」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる