Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ニューヨーク 冬物語」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う」

<<   作成日時 : 2015/05/07 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

このふたつの映画には何の関連性もない。 ただ同時期に見たというだけ。 しいていえば、どっちも、結構いいB級ファンタジーという点だ。 スタイルはまったく正反対だけれども。。。。


映画「ニューヨーク 冬物語」( "WINTER'S TALE" 2014 )

移民として米国にやってきたのに、港で、結核で理由に追い返され、せめてこの赤児だけはと、小舟に乗せて流した。 拾われ、街のボスに育てられ、いっぱしのワルになったピーター・レイク(コリン・ファレル)は、ある夜、盗みに入った屋敷で、美しいベバリー・ペン(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)に会い、一目で運命の出会いとなる。 

ボスから離れ、泥棒家業から脚を洗い、ベバリーと共に暮らすことに決めたピーターをボス、パーリー(ラッセル・クロウ)が許すはずはなかった。 なぜなら、ボスは魔王の手下である悪魔だったのだから。 ベバリーを掬うこともできず、ポストの闘いのさなか、ベイブリッジから転落して消えたピーターは、50年後、記憶を失った青年として、変わらぬ風貌で現れる・・・・・・。

天空を駆ける白馬とか、結構、夢夢しい、甘いファンタジーで、コリン・ファレルらしからぬ映画だが。結構、きらいではない。

なんでこんな映画に、ジェニファー・コネリー、ウィリアム・ハート、エヴァ・マリー・セイント、ラッセル・クロウなどの超大物が出演しているのか、不思議だ。




オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/winterstale/


*****************************************************************************


映画「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う」( エドガー・ライト監督 2013)

ハングオーバーのシリーズものはめちゃめちやだが、イギリスの酔っ払い映画もめちゃくちゃだ。 

イギリスの男は、そんなにめちゃくちゃな顔をしていないから、余計に破天荒だ。 
たしかに、こんな地球人を、相手にしていたら、異星人もやってられないとさじを投げるだろう。





オフィシャル・サイト
http://www.worldsend-movie.jp/






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ニューヨーク 冬物語」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる