Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 山田宏一・蓮實重彦「トリュフォー最後のインタビュー」

<<   作成日時 : 2015/06/27 18:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

600頁ちかい分厚さにびっくり。始めから読破は諦めて、拾い読み。

トリュフォーのなかでは「突然炎のごとく」がいちばん好きだが、高校時代の映画少年の影響である。トリュフォーは「突然炎のごとく」を随分前から撮りたかったが、原作のアンリ=ピエール・ロシェのような大人の恋愛映画を創るには、まだ若すぎると考えて、まず、「大人は判ってくれない」を撮ったと言う。ルイ・マルに紹介されたジャンヌ・モローには、早くからカトリーヌ役を気に入られていたそうだ。・・・また見たくなった。

「華氏451」は、映画化権は早く得ていたのに、なかなか映画化にはたどりつけなかった。男優には軒並み断られたそうだ。人間よりも本が主役と解って俳優から避けられた。自薦する俳優はみなトリュフォーが断ったそうだ。若きロバート・レッドフォードも居たらしい。それは残念だ。

山田宏一・蓮實重彦「トリュフォー最後のインタビュー」( 平凡社2014.10.10)
トリュフォーそして映画
トリュフォー最後のインタビュー
T わが処女作
U ジャン・ピエール・レオとアントワーヌ・ドワネル
  スーパー字幕付の歌手ボビー・ラボワント
V 純愛の三角関係
W 「大人は判ってくれない」から三年後
  アントワーヌ・ドワネルの正体
X 現代の寓話
  なぜ「柔らかい肌」なのか
Y なぜ「黒衣の花嫁」なのか
  なぜ「暗くなるまでこの恋を」なのか
Z なぜ「野性の少年」なのか
  レモンを絞るように恋を絞る
  なぜ「私のように美しい娘」なのか
[ なぜ「アメリカの夜」なのか
  なぜ「アデルの恋の物語」なのか
  子供たちの「かたい肌」
\ なぜ「恋愛日記」なのか
  なぜ「緑色の部屋」なのか
] お祭りはこれからだ
  なぜ「隣の女」なのか
Ⅺ なぜ「日曜日が待ち遠しい」なのか



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山田宏一・蓮實重彦「トリュフォー最後のインタビュー」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる