Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 集団的自衛権に傾倒するひとびとは、たぶん国を守る気概に欠けている

<<   作成日時 : 2015/07/15 17:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いま、自公政権がまとめた集団的自衛権に傾倒するひとびとは、論理的に言って、たぶん国を守る気概に欠けている人々だと思える。 

集団的自衛権に乗る動機は、日本の若者も米国のために血を流す状況を作り、双務的な同盟にすることだ。 安倍氏などは、そういう状況さえ作れば、実際に血を流すことはないと踏んでいるのかもしれない。  アーミテージ氏やナイ氏のレポートに沿って日本の体制を作りさえすれば、双務的になって、対中国との戦いに米国は支援してくれるはずだと信じているのだろう。

私は政治の素人だが、ビジネスでも社会人としても、この考え方は甘いように思う。 米国は、すべて国益に従って動くのであって、そんな浪花節で動くはずがない。  

何でも自己責任を主張したがるひとびとが、なぜ米国の助けを必要とするのだ。 結局、自ら国を守る気概がないから、米国を頼るのだろう。 公明党が、さんざん理屈をこねて、集団的自衛権と言っても、内容は殆ど個別的自衛権だ。 もし、中国が攻めてきたら、それこそ山の中でも、森の中でも抵抗して闘えばいいのだ。  いまなんだかんだ言って賛成している富裕層や政治家ほど、そんな事態になったら、きっとさっさと逃げるような気がする。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
集団的自衛権に傾倒するひとびとは、たぶん国を守る気概に欠けている Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる