Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェニファー・L・スコット「フランス人は10着しか服を持たない」

<<   作成日時 : 2015/07/06 15:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ずいぶんと、キャッチ―な題名だが、これは日本名。 原題は、”Lessons from MADAME CHIC” 。南カリフォルニアからパリに交換留学した女子学生が、ホームステイ先のマダムに学んだ「暮らしの質」の高さのお話。目次を見ても、女性向きの本とわかる。確かに、こんな暮らしでありたい・・・・

それなりの食材を使い、すべて手作りで、フルーツ、デザートもある食事をきちんととり、間食を一切しない。食事の時はもちろん、家では、パジャマ姿など決してしないできちんとした服装で過ごす。気に入った少しの服だけをクローゼットにおき、着もしない服で溢れるようなことがない。スーパーでまとめ買いなどしない、毎日専門店で買い物をし、活動的に街を歩き、階段を歩いて、健康にもいい。毎日使う食器も一番いいものを使う。特別な時用にとっておく、なんてことはしない。勿論予算の範囲でいちばんよいものに囲まれた生活をして、良くないもの、好きでないものは捨てる。穴のあいたスウェットなど着ず、ちゃんとしたパシャマを着る。物は極力買わない。物は決まった場所に必ずおく。・・・・ 

私も好きな映画「アメリ」の例も出てくるが、日常のささやかな喜びを大事にする暮らしは、確かに、いい。

ただ、もっとも交歓を持ったのは、モノではなく、沈黙もいい・・・というところだ。



ジェニファー・L・スコット「フランス人は10着しか服を持たない」(大和書房 2014.10.30)
Chapter1 間食はシックじゃない
Chapter2 食べるよろこびを我慢しない
Chapter3 面倒がらずに体を動かす
Chapter4 10着のワードロープで身軽になる
Chapter5 自分のスタイルを身につける
Chapter6 ノーメイクみたいにメイクする
Chapter7 いつもきちんとした装いで
Chapter8 女らしさを忘れずに
Chapter9 いちばん良い持ち物をふだん使いにする
Chapter10 散らかっているのはシックじゃない
Chapter11 ミステリアスな雰囲気を漂わせる
Chapter12 物質主義に踊らされない
Chapter13 教養を身につける
Chapter14 ささやかな喜びを見つける
Chapter15 質の良さにこだわる
Chapter16 情熱を持って生きる

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェニファー・L・スコット「フランス人は10着しか服を持たない」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる