Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「君が生きた証」

<<   作成日時 : 2016/05/01 20:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

突然の息子の死で、仕事も続けられなくなり、自暴自棄に陥った父親が、ふと手にした生前の息子が作った曲を演奏し、歌いながら、息子の死を乗り越えてゆく。

父親のサム、ビリー・クラダップは、 ボートで酒びたりだ。 ペンキ塗りの仕事もいい加減にしてクビになる。 どうにも自堕落な生活を繰り広げるしかなかった。 そこに、また、子どものころからの不幸な環境に自信も何も無くしていたクエンティン( アントン・イェルチン) が、サムの歌う歌に心を動かされ、一緒に歌おうと絡みはじめる。 その歌がサムの息子の歌と知らずに、歌い続けると徐々に評判になり、自信を得てゆくのだった。

そして、サムが息子の誕生日、久しぶりに息子の墓参りにゆくと、 そこで、息子ジョシュの死の真相がわかるのだ。 ・・・・ 

ストーリーはとてもいい。  しかし、歌がちっとも良くない。 

アントン・イェルチンは、「アトランティスのこころ」、「最高の友だち」、「それでも愛している」などの、繊細な男の子が、ここでもよくでている。


映画「君が生きた証」(ウィリアム・H・メイシー監督 2014)



オフィシャル・サイト
http://rudderless-movie.com/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「君が生きた証」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる