Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS アルボムッレ・スマナサーラ「ブッダが教える意志力の鍛え方」

<<   作成日時 : 2016/06/01 09:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

スマナサーラ師の本は何冊か読み、学んでいる。 釈迦の教えと近い初期仏教は、ほんとに宗教ではなく、哲学であり、科学であるとおもう。 たいへん合理的な考え方であり、ある意味、とてもクールである。 意志の力は目的の大きさに応じた程度の大きさでよく、目的を達成したらその意志はもういらないのだ・・・なんと合理的。


「「意志が弱い」ということは、理性でこうしようと決めたことを実行に移すときに、「好き・嫌い」という原始脳から生まれる感情が入り込んできて、その感情に惑わされるということです」 であって、「意志が揺らぐということは、自分の感情に気づいていないということです。 まずは、自分の感情(=欲)の存在をきちんと理解しましょう。 そして、「ものごとは理性で判断する」と決めないと、判断は常に曖昧になり、優柔不断になってしまいます」 ・・・ これが、この書のエッセンスでしょう。 

つまり、つねに理性に立ちかえること、目的は達成しやすくするために小さい単位に目的を分割する、そして、意志を強化するための仲間は、三つの元素、四つの神足がある。 そして、一番早くて一番正しい方法は、「慈悲の瞑想」であるという。  三つの元素は、@行動を開始する力、 A続ける力、 B乗り越える力 であり、 四つの神足(能力)は、意欲、精進、観察の力、認識の力 ・・・ がある。   しかし、これらの内容も、宗教的というよりは、実務的だ。 





アルボムッレ・スマナサーラ「ブッダが教える意志力の鍛え方」(だいわ文庫 2015.12.15)
第1章 あなたの願いはかなっていますか
  心をつよくもてば、願いはかなう?
  “ブッダ式”成功するダイエット
  「もっと、もっと」は苦行のもと
  抱えているものをあえて手放してみる
  「やめられない!」のは意志が弱いからではない
  心に生まれるエネルギーを上手に使う
第2章 生きるエネルギー、意志のこと
  意志は常に自然に存在するもの
  「生きる」ことは「動く」こと
  行動を起こすたびに、意志は起こる
  意志には直接アクセスできない
  「欲」の強化術
  理性の脳を育てると、心が一気に生長する
  理性の脳は死ぬまで成長し続ける
第3章 意志力が上がる、目的のつくり方
  意志強化のための「正しい目的」のつくり方
  「善」の目的のつくり方
  言葉に出して言える目的をもっていますか
  ケース別・目的設定のしかた
第4章 折れない心をつくる練習
  意志をもちこたえさせるヒント
  一回限りの意志を大切にする
  意志を強化する仲間を育てる
  洗脳には気をつけて
  洗脳されないコツ
  意志の強化に必須の「四神足」
第5章 人生が変わる意志の磨き方
  上限は気にせず、一歩ずつ進んで見る
  神通力は起きるか
  何も始められないと思ったら
  面倒になってしまったら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルボムッレ・スマナサーラ「ブッダが教える意志力の鍛え方」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる