Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「世界で一番パパが好き!」・・・思わぬ脇役にびっくり

<<   作成日時 : 2016/08/30 11:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

妻(ジェニファー・ロペス)は、出産直後に動脈瘤が破裂して死んでしまった。 後に残された一人娘ガーティ(ラクエル・カストロ)をニュージャージーの父親に預け、オリー(ベン・アフレック)は、喪失感を仕事で補おうとニューヨークで頑張るのだったが、あまりにオリーが娘をほったらかしにするので、父親は孫の世話をやめた。 

困ったオリーは、結局広告代理店のチーフの仕事を失敗、クビになって、ニュージャージーに戻ってゆく。 父親の街路清掃の仕事を手伝いながら、娘を育て・・・7年たった。

どうしても、ニューヨークで仕事したいという思いが断ち切れないオリーは面接の応募を続ける。 ニュージャージーでおじいちゃんたちと住み続けたいガーティ。  学芸会の日と面接の日がぶつかってしまう。  これは父と子の物語のお約束と言っていい。 ・・・・・

脇が豪華だ。 

過去は忘れ、ニュージャージーでの人生をうながす、ビデオレンタル店のアルバイトにリヴ・タイラー、オリーが面接を受ける高校代理店の社員に、マット・デイモン、宣伝対象にのウィル・スミス役に本人と、・・・ 

この種の映画で、一番重要なのは、子役が、可愛いかどうかだ。 

ガーティのラクエル・カストロは、合格だ。  
当時10歳前後にしては、やや、大人っぽい顔つきで、イタリア系のような顔つきだが、名前からして中南米系なのだろう。 



映画「世界で一番パパが好き!」(ケヴィン・スミス監督  "JERSEY GIRL"   2004)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「世界で一番パパが好き!」・・・思わぬ脇役にびっくり Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる