Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ボーン・コレクター」はアンジーのための映画だった

<<   作成日時 : 2016/09/15 08:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

なんとも若くて美しいアンジェリーナ・ジョリーがいたものだ。  デンゼル・ワシントンとは、やや違和感感じる組み合わせだが、それは先入観というものだろう。 

現場調査班、つまり、鑑識のプロ中のプロ、リンカーン・ライム(デンゼル・ワシントン)は、事故で下半身不随。 リンカーンの私室に、ポーリー警部らスタッフは、本部長の指示のもと集まって証拠品の分析に当たっていた。 その証拠品は、通報を受け駆けつけた巡査アメリア(アンジェリーナ・ジョリー)が、列車を止めて集め、通報の子どもに使い捨てカメラを買ってこさせて撮ったものだ。

監識の才能に惚れたライムは、次々にアメリアに指示する。 連続殺人の現場の悲惨さに、もう止めたいアメリアを説得してゆく。 ・・・・・

こういう気持ちの悪い犯罪映画は、あまり好きではない。

アンジーとクイーン・ラティファがいなければ、ただのホラー映画だ。





 

映画「ボーン・コレクター」( フィリップ・ノイス監督 1999

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ボーン・コレクター」はアンジーのための映画だった Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる