Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 出井康博「ルポ ニッポン絶望工場」

<<   作成日時 : 2016/11/01 06:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

読み進めるに従い、ひどく暗い気持ちになってくる。  この本は休み休みでないと辛くて読めない。 絶望的なのは絶望工場ではなく、日本の移民政策だ。 

政府の留学生30万人計画の達成のため、日本語学校生徒も留学生扱いに変えた。 ロクに日本語も使えない「留学生」が、勉強ではなく出稼ぎを目的に来日した偽装留学生だ。 いまは、殆どベトナムからだ。 日本に行けば月20〜30万の収入が得られ、憧れの日本で働けると、親が借金をして子どもたちを送りだす。 

現地のブローカーも日本の日本語学校も「留学生」を食い物にしている。  寮に住まわせ、寮費もぶったくる。 違法なのに、有償で厳しい徹夜のアルバイトを斡旋する。 日本語の会話を必要としない単純労働で、しかも最低賃金だ。 留学生には週28時間のアルバイト時間制限があるが、どこ吹く風。 ベトナムに帰りたくとも借金が残ったままでは家族が破産してしまう。 帰れない、借金は減らない、日本語の勉強など徹夜勤務のあと眠くてできない・・・・憧れだった日本が、どんどん嫌いになってゆく。

実習生制度も嘘と建前のかたまりだ。 仕事を通じた技術習得によって国際貢献するのが建前だが、本音は中小企業の人手不足解消が目的。  3年は仕事先を変えられない仕組みで、官僚や政治家が間に入って監理料などビンハネするから、実習生には月10万円ほどしか行かない。 単純作業で技能など高まるわけも無く、日本語も学べない。 話と違うといって逃げ出した実習生は、不法就労となり、犯罪につながってゆく。 酷い雇用先はパスポートを取り上げ、まさに現代の奴隷と、海外から批判されている。 

この実習制度を安倍政権はさらに拡大してゆくことを決めている。 介護など新たな職種への拡大と、人権侵害監視のための機関の設立を図っている。 現在でも、なにもしない「国際研修協力機構」(JITCO)は年13億の収入を監理団体や受け入れ先の会費収入で得ているのに、 ピンハネ機関の増設である。 天下り先の拡大という官僚の筋書き通りだ

実習生は、どんどん日本が嫌いになってゆくし、犯罪に走ってゆく ・・・・・

我が家の朝日新聞もベトナムの少女によって配達される。徹夜でつくられるコンビニ弁当も、化粧品の箱詰めも、建設現場も、地方の中小企業も・・・人の嫌がる仕事は、もう、偽装留学生や実習生が居ないと成り立たない ・・・・

筆者は怒りに燃えて主張する。 ・・ 「人手不足で単純労働者が必要だというのなら、真正面から正々堂々と受け入れの是非を議論すればよいことだ。それもせず、「留学」と称して途上国の若者を受け入れ、”奴隷労働”にこき使う。その傍らで、日本語学校や専門学校、そして大学までもが、ビザと引き換えに学費を搾取する。これでは日本が国ぐるみで「ブラック企業」をやっているのと同じである」

政府が2020年の達成を目指す「留学生30万人計画」は、安倍晋三政権も「成長戦略」の1つに掲げる政策である」が、「入学金と授業料さえ払えばだれでも受け入れられる」、「ベトナム人」と「日本語学校」が頼み」の計画だ。 さっさと、この計画をやめるべきだと、そして、実態を直視し、嘘と建前をやめるべきだと筆者は強く主張する。 

全く、その通りだ。  しかし、この国は、いまや、あらゆるところで、嘘と建前と、理念なき金儲けにめちゃくちゃになっている。


介護について、こんな話は知らなかった。 フィリピンの介護士は人手不足だから受け入れたのではなかったというのだ。 フィリピンの女性たちが興行ビザで来日し接客業につくため、海外から批判されて、興行ビザを停止したところ、フィリピンは外貨獲得のため、代わりの出稼ぎ手段を要求したためであるという。

もともと気が進まなかった厚労省は、人数も200人と減らし、3年間たったら帰らなければならないとし、更に、国家試験合格が必須という制約を課して、就労が長引かないようにした。 日本字で有資格者は3割程度だったにもかかわらずだ。  そのハードルのために予定数が満たず、厚労省は受け入れ先に補助金を出すことにしたという笑い話にもならない。

結局、日本は、フィリピンの女性たちにとっては、カナダほどの魅力も無くなっている。 カナダは、永住権もとれるし、英語で通じるからだ。

もっとも近い日系ブラジル人でさえも、いまは、日本に魅力を感じなくなった。 子どもの就学もむずかしく、日本語の研修も新設ではない、つまり日本政府は乗り気でないのだ。 

日本が利用し、捨てているのだが、実は、フィリピン人もブラジル人も、ベトナム人も、日本に愛想を尽かして、利用できなくなった日本を見捨て始めたのかもしれない。







出井康博「ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書 2016.7.20)
第1章 ベトナム人留学生という”現代の奴隷”
第2章 新聞・テレビが決して報じない「ブラック国家・日本」
第3章 日本への出稼ぎをやめた中国人
第4章 外国人介護士の受け入れが失敗した理由
第5章 日本を見捨てる日系ブラジル人
第6章 犯罪集団化する「奴隷」たちの逆襲
おわりに








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出井康博「ルポ ニッポン絶望工場」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる