Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 井上章一「京都嫌い」

<<   作成日時 : 2016/12/30 11:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

なんとも奇妙な読後感がある。 

このおっさん、ちょっと変と違うか? ひがみっぽい、ひねくれてる、皮肉屋、根拠ない自分の思いだけの話をダラダラ続けて ・・・ という印象で終わるかと思いきや、最後のほうになって、案外確信犯でわざとシニカルに書いているのかもと。京都嫌いと言いながら、東京と東京中心の世相と文化をもっと嫌い嘲笑っている。そして、

 「私は国旗や国歌、日の丸や君が代に伝統を感じる人々のことも、いぶかしく思っている。あんなものは、東京が首都になってからうかびあがった、新出来の象徴でしかありえない。嵯峨が副都心だった平安鎌倉時代には、まだできていなかった。 そこに、大した伝統はないんじゃないか」ともいう。 なんだ、すっかり京都人じゃないか。


井上氏は、嵯峨で生まれ育ち、いまは宇治で暮らしている。嵯峨や宇治は、洛中の京都人に言わせれば、田舎であって京都ではない。 

さんざんバカにされ続けた井上氏は、洛中の京都人のいやらしさを嫌い、京都の寺の坊主たちの破廉恥を嫌う。 しかし、井上氏も、結局似た者同士になっているかのようだ。

この前の戦争といえば京都人は応仁の乱のことをいう。嵯峨の田舎者の井上氏も、地元に近しい大覚寺統の南朝をひいきにしているくらいだから、似たようなものだ。 南朝が勝っていたら、洛中の室町通りに足利将軍は屋敷を構えなかったはずと。 



井上章一「京都嫌い」(朝日新書 2015.9.30)
一 洛外を生きる
二 お坊さんと舞子さん
三 仏教のある側面
四 歴史のなかから、見えること
五 平安京の副都心

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
井上章一「京都嫌い」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる