Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS ペイカレント・コンサルティング「デジタル・トランスフォーメーション」

<<   作成日時 : 2017/01/24 17:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

言わんとしていることはわかる。事例はよくでてくる企業で、Uber、Airbnb や FinTech だから、「新しい技術」を活用して、既存の業界を破壊しつつあるディスラプターである。だから、既存企業も、どうやって、「そういった」戦略を立て、実行していけばよいかをコンサルタントとしては語らなければならない、ということだ。

私のような古い人間は、日の下に新しいものはない、と、システムの向かうところが全く新たな市場を作っただけのことで、ことさら技術戦略として新しいものではないとしがちだ。

新し物好きは、Uberらの動きは、まったく新しい考え方とテクノロジーがあって生まれたものだと主張するのだろう。 多くのコンサルタントはこちら側だと推測する。

たぶん正解は、この中間にあるのだろうが、この「新しい」考え方に対して、この本はデジタル戦略とか、デジタル・トランスフォーメーションとか呼んでいる。ところによってはITとも称している。デジタル技術を使った新たな事業戦略といった趣なのだろう。「デジタル技術」ねえ? なんとなくヘンな感じだ。


まあ、いろいろな疑問は残るが、コンパクトにこれらの環境や事例、考え方をうまく纏めているのは確かであって、カタカナばかりだけれども、文章は悪くない。 カタカナ文章の例を挙げておこう。

「顧客の購買プロセスであるカスタマージャーニーに沿ったタッチポイントで、パーソナル化したコンテンツを、鮮度の高い行動履歴に合わせたタイミングで送付しない限り、顧客の目には留まらない。 企業は、タッチポイント、コンテンツ、タイミングの3つの掛け算を最大化することが求められるのだ」

まあ、分からないでもない。


そのほか、最新状況にキャッチアップしておきたい向きには、いろいろな言葉、考え方、企業、製品が参考になることは請け合いだ。

ユニコーン企業、RTB(リアルタイムピッティング)、アンビエントIT、 BlueSmart、Create Airbnb、デザイン思考 ・・・・ などなど


ペイカレント・コンサルティング「デジタル・トランスフォーメーション」(日経BP社 2016.9.16)
第1章 デジタル技術が変える近い将来
第2章 デジタル時代に対応できない企業の末路
第3章 なぜ、デジタル時代への対応が遅れたのか
第4章 デジタル・トランスフォーメーションの本質
第5章 デジタル戦略の構築と実行
第6章 デジタル組織への転換

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペイカレント・コンサルティング「デジタル・トランスフォーメーション」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる