Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 猪瀬直樹「東京の敵」

<<   作成日時 : 2017/02/19 18:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東京にとって望ましくない「敵」として、猪瀬氏は二人を挙げている。 いわずとしれた都議会のドン内田茂氏と、五輪組織委員会を牛耳る森喜朗氏である。 この手の本はまず読まないのだけれど、森喜朗氏についての記述を見たくて手にした。 

ラグビー業界からスポーツ業界全体に広げた利権・人脈と安倍首相との関係を使って、組織委員長に就任し、周りはすべてお友達で固めた。無責任で、いい加減な仕事をしつつ、根拠なく3000億円だ、2兆円だとぶち上げて費用の膨張を許してきた・・・という感じだ。 猪瀬氏の構想では、民間人を組織委員長にし、外資系コンサルタントをCFOにして予算管理をするというものだった。 森氏の画策は知っていたが、森氏がそんなに力があるとは思わなかったというから、猪瀬氏の戦略ミスでもある。

内田氏、森氏について、それほど吃驚するような裏話があるわけでもない。 やはり猪瀬氏は、そういう人的マネジメントは不得手なのだろう。

そのほかの話題は、猪瀬氏が副知事時代にしてきたことや、例の5000万円の真相などなどであるが、それは私には格別興味はない。 ただ、猪瀬氏と厚生省村木氏の「保育に欠ける」論争は興味深い。 確かに、古い「保育に欠ける」ではなく、「保育を必要とする」ための保育政策がよいという猪瀬氏の言う通りかもしれない。


猪瀬直樹「東京の敵」(角川新書 2017.1.20)
第1章 都議会の闇
第2章 東京五輪の迷走
第3章 小池都政の論点
第4章 メディアの責任
第5章 東京人の自覚
第6章 五輪後の日本像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
猪瀬直樹「東京の敵」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる