Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS にしのあきひろ「Dr.インクの星空キネマ」

<<   作成日時 : 2017/04/15 10:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

白黒の精緻だけれど変わった図柄の絵が特徴的な絵本。 お話も、それなりにユニークな四つの話が映画の群像劇のようにひろがる。 

丘の上の不思議な天文台で星と遊ぶ銀歯のお爺さん、グッドモーニング・ジョーは不思議な望遠鏡を使って、流れ星をゆっくり動かしたり、月を黒く塗って三日月にしたり・・・

「ミル・フイユ」星は小さな狭い星だから建物を高く積み上げた。そのため、前は赤いハシゴが良く売れたのに、最近はロフトが流行って、はしご屋さんの倉庫は売れ残った赤いハシゴが満載。そんなとき、青い星が近づいてきた。 はしご屋さんは楽しい音が聞こえる青い星に行ってみたいと願う・・・

ドンドコ山には、ヤクという恐ろしい化け物が居る。 村のものはよく食べられて近づけない。 そんなところに、女の子が村に届け物をするために通りかかった。 ・・・ 

世界中の人が夜見る夢は、Dr.インクが脚本を作り、サンポーニャと呼ばれるアシスタントが夢を飴玉にして世界中の寝ている人の口に配って飛ぶのだ。 ところが、ある日、Dr.インクが病気になってしまった ・・・






にしのあきひろ「Dr.インクの星空キネマ」(幻冬舎 2009.1.26)
グッドモーニング・ジョー
赤いハシゴ
ドンドコ山のバケモノ
Dr.インク
あとがき


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にしのあきひろ「Dr.インクの星空キネマ」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる