Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 西日本新聞社「戦争とおはぎとグリンピース」

<<   作成日時 : 2017/05/10 17:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

西日本新聞に1954年に開設された女性投稿欄「紅皿」。 戦後70年経って記者たちがふと昔の記事に触れた。 昔、戦地から戻らない息子の好物おはぎを作って待っていた思い出を綴った、「おはぎ」と題された投稿だった。 記者たちは、連載を読み返して42編を選び一冊にまとめた。

表題の「おはぎ」は60年の投稿。おはぎを作って仏壇にあげ、戦後戻らない息子のためにおはぎを作って南方からの帰国船がつくたびに駆け付けたが、結局特攻で死んでいたと。

「グリンピース」は、グリンピースの好きだった母親の思い出。戦争中、黒いイモと一緒にわずかなグリンピースを饅頭にしていた母親は戦後、やっとたくさんの砂糖を使って甘いグリンピースのまんじゅうを作ったと・・
一編一編は、短い投稿だが、それぞれ、そこはかとない時代を感じさせ、そっと抱きしめたいような思い出に満ちて居る。 

たとえば、54年の投稿に、傷痍軍人の話が出てきて、そう言えば、子どもの頃街を歩けば出会ったなあと思いだす。 55年には、6年生の息子が修学旅行から帰って来て、苦しい中ら渡したわずかなお小遣いでどんなお土産を買ってきたかと思ったら、何も買わずにまだ買えていない教科書代に充てると言われたと。私も中学の教科書が買えずに近所の先輩から頂いたことを思い出した。


「私の通う大学の玄関に河野進牧師の「どんな不幸を吸っても、はく息は感謝でありますように」という言葉が掲げられています。紅皿に投稿した女性たちにとって「書くこと」とは、吸う息から吐く息までの心を整える営みだったのではないでしょうか」と村中李衣氏が解説している






西日本新聞社「戦争とおはぎとグリンピース」(西日本新聞社2016.5.25)
1954年  7編
1955年  5編
1956年  8編
1957年  2編
1958年  4編
1959年  2編
1960年  8編
1961年  3編
1962年  3編





戦争とおはぎとグリンピース 婦人の新聞投稿欄「紅皿」集
ぐるぐる王国DS 楽天市場店
西日本新聞社/編本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名西日本新聞

楽天市場 by 戦争とおはぎとグリンピース 婦人の新聞投稿欄「紅皿」集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西日本新聞社「戦争とおはぎとグリンピース」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる