Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「君はひとりじゃない」奇妙なポーランド映画

<<   作成日時 : 2017/07/28 14:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ネタバレにならないよう結末を語る。 この結末は、見た人が勝手に決めていいということだ。 セラピストの力で解決したと受けとってもいい、父と子の双方の自然の努力だと受け取ってもいい。 

突然の事故による、母親の喪失、妻の喪失という問題を抱えた父と娘、それでも父親のほうは、検視官という職業柄、あらゆる死に対して不感症になってしまっている。 娘は母親の死を受け入れることができず、セラピストのもとに通っている。 

セラピストの指導がまたユニークなのだ。 叫びや怒りをぶつけたり、感情を解放させようとしているようだ。
父親を嫌う娘の心情は、父親には伝わらないが、セラピストにはよくわかる
しかし、セラピストの真髄は、別にあった。 彼女は霊と交信できるのだ。 

父親は、死んだ妻がめっせーじを伝えたがっているとセラピストから聞いて、当然、胡散臭い奴と、
病院を退院させ、セラピストも替えてもらった ・・・・・ 。


父親ヤヌシュ役のヤヌシュ・ガイオスはポーランドの有名俳優らしい。
セラピストのマヤ・オスタシェフスカ は時々見る顔だ。
ベテラン俳優二人の参加したのだから、この映画は決してキワものではないだろう。
しかし、冒頭の首つり死体にせよ、なんか、不思議なことばかりしめされる、不思議な映画なのだ。



映画「君はひとりじゃない」(マウゴシュカ・シュモフスカ監督 CIALO (BODY)  2015)



オフィシャル・サイト
http://hitorijanai.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「君はひとりじゃない」奇妙なポーランド映画 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる