Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 白石玄「世界のすべてのさよなら」

<<   作成日時 : 2017/12/26 13:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

美大で友人となった四人の若者が、それぞれ、大人になってゆき、それなりに一人一人旅立ってゆく。 旅立つといっても大げさな話ではない。 

友人の才能に驚き、自分の進路をより地道なものに修正してゆく。 それでも若い時の夢はそのまま持ち続ける。 企業の苛酷な仕事に疲れ、いったん撤収して身も心も休める。 いわば挫折だが、そのせいで友人がまぶしく見えすぎる。 そして癒えた心は新たな仕事に向かい、そこで自分の居場所を確実に見つけ始める。 

なかなか売れない画家で、貧乏このうえないが、仲間のところに行けば、食べさせてくれる。 そして、新たな作品のインスピレーションや自信を、仲間が与えてくれる。 ようやく掴んだ、自分を認めてくれるクライアント。 三十歳になる。 別に結婚にあせるわけではないが、この年を考えないパートナーは自分のことを大事に思ってくれないのだろう、むしろ仲間の方が大事に思ってくれる ・・・・

人生の、ささやかな、なにげない、しかし、一歩一歩、歩んでいく瞬間瞬間をいくつかを切り取ってゆく。

人は一人じゃ生きていけない。 しょせん、人に迷惑かけながら生きていくのだから、もっと人に頼ることを学ばなけりゃいけない。  信用しないから、自分をさらけだせないのだろうか。

みな人との距離を取り過ぎていたら、仲間には、友人にはなれない。 遠慮せずに、すこし踏み込んでゆく人間が仲間には一人必要だ。

そして、同じような痛みを抱え、わかって、静かに黙って受け止めてくれる人も絶対に必要だ



・・・  そんな、青春時代から大人になってゆく、旅立ちの、そして、佳き日へのさようなら、だ。

What do you want  ・・・  自分は、いったい、なにを望んでいるのだろう






白石玄「世界のすべてのさよなら」(幻冬舎 2017.6.20)


竜平
瑛一


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白石玄「世界のすべてのさよなら」 Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる