Dora_PaPa_san's_Pages

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年読んだ本 ベスト

<<   作成日時 : 2017/12/30 08:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年も、読んだ本は、フィクションよりもノン・フィクションが多かった。 しかし、ジャンルがだんだん狭くなってきて、同じような傾向の本ばかりになってゆく。 来年からは、もっと狭めて東アジア近現代史と宗教に絞ろうかなと思う。

今年読んだノン・フィクション 偏見に満ちた ベスト15


1 西崎雅夫「関東大震災 朝鮮人虐殺の記録」(現代書館 2016.9.1)
2 マッケンジー・ファンク「地球を「売り物」にする人たち」(ダイヤモンド社 2016.3.10)
3 ロブ・ダン「世界からバナナがなくなるまえに」(青土社2017.8.1)
4 矢部宏冶「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」(講談社現代新書2017.8.20)
5 辺見庸「完全版1★9★3★7(上下)」(角川文庫2016.11.25)
6 アーザル・ナフィーレー「テヘランでロリータを読む」(白水社 2006.9.20)
7 大田昌秀編「沖縄健児隊の最後」(藤原書店 2016.7.15)
8 町山智浩「最も危険なアメリカ映画」(集英社インターナショナル 2016.10.31)
9 ブレイディみかこ「子どもたちの階級闘争」(みすず書房 2017.4.17)
10 岩竹美加子「PTAという国家装置」(青弓社 2017.4.26)
11 マイク・マッキナニー他「サージャント・ペパー50年」(河出書房新社 2017.6.30)
12 明石順平「アベノミクスによろしく」(集英社インターナショナル新書 2017.10.11)
13 吉田敏浩「「日米合同委員会」の研究 謎の権力構造の正体に迫る」(創元社2016.12.20)
14 アルン・スンドララジャン「シェアリング・エコノミー」(日経BP社 2016.11.21)
15 早川タダノリ「「日本スゴイ」のディストピア 戦時下自画自賛の系譜」(青弓社 2016.6.30)

次点
マイケル・ブース「限りなく完璧に近い人々」(KADOKAWA 2016.9.30)
島田裕已「神道はなぜ教えがないのか」(KKベストセラーズ2013.1.20)



フィクションは、もともと読んだ本が少ないが、長編には、それほど印象に残るものが多くなかった

今年読んだ フィクション 偏見に満ちた ベスト10

1 原田マハ「あなたは、誰かの大切な人」(講談社文庫2017.5.16)
2 恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎 2016.9.20)
3 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ「セカンドハンドの時代」(岩波書店 2016.9.29)
4 村上春樹「騎士団長殺し」(新潮社 2017.2.25)
5 アンソニー・ドーア「すべての見えない光」(新潮社 2016.8.25)
6 黒川創「いつか、この世界で起こっていたこと」(新潮社 2012.5.30)
7 池井戸潤「陸王」(集英社2016.7.10)
8 小池真理子「怪談」(集英社 2014.7.30)
9 須賀しのぶ「また、桜の国で」(祥伝社 2016.10.20)
10 梁石日(ヤン・ソギル)「大いなる時を求めて」(幻冬舎文庫 2014.12.5)

次点
         原田マハ「太陽の棘」(文藝春秋 2014.4.25)
柴崎友香「かわうそ堀怪談見習い」(角川書店 2017.2.25)
吉本ばなな「吹上奇譚 第一話 ミミとこだち」(幻冬舎 2017.10.10)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年読んだ本 ベスト Dora_PaPa_san's_Pages/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる