洗足池日記  5/22

2日に1回は、ジョギングか、図書館の貸出しで 洗足池に行く。 猫おばさん、猫おじさん、ダンディ、主(ヌシ)おじさん、スピードランナー、ハモニカおじさん、オレンジ・シャツ ・・・・多くの楽しい人々が行きかう。 葬儀社の友人に、私が死んだら、洗足池に散骨してほしいと頼んでいるが・・・可能か、どうか。 

池は随分きれいになった。 東京の川や池がそうであるように、洗足池も一時は、ひどく臭く、腐ったような水のたまる池になってしまった。 しかし、池の水の浄化が進み、いまは、ボートで池のなかに進んでいっても、大丈夫だ。

ジョキングが終わると、八幡神社にお祈りをする。 何年も祈りを続けているから、それなりに霊験はあるのかもしれない(^o^)。 最近の祈りは、 こんなに沢山ある。 すこし、欲張りかもしれない

・ 娘に良い仕事が来ます様に そして、幸せになりますように 
・ 私にも新たな、良い仕事が来ますように
・ 私の今の仕事が、うまくいきますように
・ 長姉の手術が成功しますように そして 幸せになりますように
・ 次姉の病気が治りますように
・ 友人の娘さんの結婚式が恙無く執り行われますように
・ 友人の息子さんの病気がなおりますように
・ ・・・・ 

昔、何かとプライベートが辛い時代に、会社の帰り、八幡神社や、円融寺に寄り、いろいろとお祈りをした。 現実に戦うことには疲れて、祈りばかりだった時代がある。 八幡神社は、そっと、見守っていてくれたのかもしれない。 

今日は弁天様のお祭りだ。

一昨日、20日は、第16回の「春宵の響」-日本伝統芸能の笛、鼓、尺八の演奏会が開かれた。 晴れていれば、三連太鼓橋の池月橋で開催されるのだが、あいにくの雨だった。   

画像


<橋から望む洗足池 桜の季節>

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック