洗足池日記 7/17

昨晩 7/16 は、洗足池では、灯篭流しの日。 袈裟掛けの松のある御松庵で、灯篭流しをすることができる。 洗足池に、あかるい燈のはいった灯篭がたゆたう。 なんとも心に沁みいる風景なのだ。 今年はビジネスアナリシスの研究会のため、洗足池には行けなかった。

一夜あけた朝五時半、多くのおじさん、おばさんが散歩するなか、洗足池では、昨日の灯篭を片づけていた。 六時前には、あらかた片付いて名残はほとんどなかったが、一個、二個と池の真ん中に浮いている灯篭をみると、なにか物悲しい。


画像

24日は、蛍の日だ。 どこからかホタルをもってきて、洗足池に、網かごの中ではあるが、放たれる。 子どもたちが沢山来るので、列をなして、待ちを作ってみている。 


さて、来週、21日は、徳島に行き、散策する。 一晩アグネスホテルに宿泊し、22日の午後、仕事をして、22日最終便で帰る。 久しぶりの苦手な飛行機だが、21日は、わたし一人なので、薬と酒で万全の用意をしてゆく。 22日は、会社の誰かとたぶん一緒だろう。 何度か徳島には行ったことがあるが、いつも空港と会社を往復するだけで市内には行ったことはない。 たぶん期待外れの町だとは思うが、余裕の一日としてみたい

さて、仕事もボランティアも、なぜか、宿題がたまりにたまってしまった。 処理能力がおちてきたことは確かであるが、それ以上になにかおかしい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック