ETV特集「武器ではなく 命の水を~医師・中村哲とアフガニスタン~」

ETV特集「武器ではなく 命の水を~医師・中村哲とアフガニスタン~」を見ていて、何度も涙ぐんだ。 老人が語る。 「人は忙しく仕事していれば戦争のことなど考えません。 仕事がないからお金のために戦争に行くんです。 おなかいっぱいになれば誰も戦争など行きません」

中村医師は100人の医者よりも一本の用水路が必要だと、自ら用水路の土木工事に取り掛かる。 そして、
「これは平和運動ではない。医療の延長なんです」と。 

そして5年、砂漠の地が用水路によって田畑に生まれ変わり、60万人が生活できるようになった。


ひきこもって何もしない私が言う資格もないことは百も承知でいうが、
誰かさんの積極的平和主義より、中村氏の活動の方が、
よほど、平和をもたらし、人のためになっている。


http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259544/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック